« 審議拒否よりも遅刻が悪いのか | トップページ | 民進党国益よりも目立ちたい »

ツイッター新聞よりも当てになり

ツイッター、日本では絶好調 独自機能で成長率が世界一
 短文投稿サイトの米ツイッター日本法人は2日、国内の月間利用者が9月に4千万人を超えたと明らかにした。昨年末より14%増え、この間の成長率は世界一。4%増だった世界全体を大幅に上回った。大規模リストラを打ち出す経営難の同社は広告収入を生む日本への依存を強めている。
 ツイッターは9月時点で全世界で月間3億1700万人が使っている。日本は約2億人の米国に次ぎ、利用者が多い主要市場だ。
 その日本で利用者が急速に伸びた背景には、「日本仕様」の導入があるようだ。これまで10~20歳代の利用が多かったが、30歳代以上は「つぶやく内容がない」と利用が少なめだった。そこで昨夏、日本独自でニュースの閲覧機能を追加。ニュースサイトの話題の記事と、関連するつぶやきをまとめて見られるようにした。つぶやくだけでなく、情報を得るためにも使えることをPRした結果、利用者が伸びたという。
 利用が伸びる日本では広告収入も好調だ。4~6月決算では、日本での収入が全体の1割まで拡大。業績不振に悩む米国の本社は、日本市場の動向に真剣に関心を示しているという。(福田直之)(以上(朝日デジタル2016年11月2日22時42分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJC25HPLJC2ULFA02K.html

 ツイッターが日本では絶好調とのことだが、アカヒ、毎日新聞を読むより真実が分かるのだから仕方がない。
 ツイッターは、自分での取捨選択が必要だが、アカヒ、毎日新聞が隠している事実、偏向新聞・沖縄タイムスと琉球新報が如何におかしな記事を堂々と載せているか全てが分かる手段なのだ。そして、どの党が国民の意見を聞いているかも良く分かる。民進党、蓮舫、有田芳生、福島瑞穂、共産党、河野太郎など国民の意見に耳を塞いでいる党やニセ議員の存在も良く分かるのだ。
 また、ツイッターを見ているとどの新聞の記事が当てになるかも分かるのだから、一石何鳥にもなるのだ。少なくともアカヒ、毎日新聞を読むよりマシだ。(No.4992)

|

« 審議拒否よりも遅刻が悪いのか | トップページ | 民進党国益よりも目立ちたい »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64450973

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッター新聞よりも当てになり:

« 審議拒否よりも遅刻が悪いのか | トップページ | 民進党国益よりも目立ちたい »