« 蓮舫の口を塞げない地検 | トップページ | 森外し当然だろう小池知事 »

現実路線を否定する偏向紙

東村高江区、政府の財政支援受け入れ 「被害補償」で全員一致
 沖縄県東村高江区(仲嶺久美子区長)は6日、代議委員会を開き、政府がヘリパッド建設に伴う被害補償として財政支援の方針を決めたことについて、全員一致で受け入れを決めた。ただ、決してヘリパッド容認ではないこと、過去2回の反対決議を堅持することも全員で確認した。高江区は今後、支援の内容やそれにかかる費用などを計画書にまとめ、東村へ提出する方針。(北部報道部・城間陽介)
 委員会には代議員16人のうち13人が参加。財政支援の受け入れについて意見を交わし、全員が受け入れる方向で一致した。支援を受ける理由としてはベトナム戦争時代から現在まで、騒音を受けてきたことに対する「被害補償」と強調した。
 仲嶺区長は「受け入れは決して基地とリンクしない。区が困っていることは何か、区民と話し合いながら使い道を決めたい」と話した。
 ヘリパッド工事を年内にも完成させようとする政府は10月初旬までに、東村から高江区への財政支援の要望を受け、支援する方針を固めていた。
 東村によると、高江区への財政支援は「(仮)高江基金」として、村が金銭を管理する方向で調整が進められている。
 名護市の新基地建設予定地に近い辺野古、久志、豊原の「久辺3区」への「キャンプ・シュワブ関連再編関連特別事業」を参考にしているという。
 同事業では、スポーツや教育など文化に関する振興費として、区からの事業計画に基づき支給される仕組みとなっている。(以上(沖縄タイムス2016年11月7日05:00)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/69960

 沖縄の東村高江区が全員一致でヘリパッド建設に伴う被害補償の財政支援の方向を決めたことに、偏向新聞・沖縄タイムスがさらに偏向した記事を載せた。
 地元では、ヘリパッドに対して現実的な解決策を見いだしているのに、他県から日当目当てにやってきている左巻き反対派に偏向新聞・沖縄タイムスが「ヘリパッド容認」ではないと強調している。しかし、財政支援という妥協策を地元が見いだしたということは、ヘリパッド容認ではないだろうか?それとも、東村高江区が翁長雄志と同じように振興費だけ分捕ると表現しているのだろうか?
 日当目当ての反対派のための沖縄タイムスらしい。(No.4993)

|

« 蓮舫の口を塞げない地検 | トップページ | 森外し当然だろう小池知事 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64456127

この記事へのトラックバック一覧です: 現実路線を否定する偏向紙:

« 蓮舫の口を塞げない地検 | トップページ | 森外し当然だろう小池知事 »