« スワップは外交カードでも切るな | トップページ | 通名のようにブランドを変える »

環境アセスのやり直しやりますか?

米、沖縄北部訓練場返還通知へ
日本側に週内

 在日米軍は15日、沖縄県の北部訓練場(東村、国頭村)を現地視察し、日本側への部分返還の条件としているヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設工事の完了見通しが立ったことを確認した。これを受け、年内に返還する方針を週内に日本側へ正式に通知する。日本政府関係者が明らかにした。
 日米両政府は、12月20日に返還式典を開く方向で調整に入っている。日本政府は、沖縄の基地負担軽減の実績としてアピールし、沖縄県側が反対する米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に理解を得たい考えだ。(以上(共同通信2016/11/16 02:00)より引用)
http://this.kiji.is/171304021360100854?c=39546741839462401

 在日米軍がヘリパッド工事の完了見通しが立ったとして、北部訓練場の半分を返還することを表明した。
 しかし、翁長雄志はヘリパッド工事にあたっての環境アセスにオスプレイが入っていないとして、1年以上をかけて環境アセスのやり直しを示唆しており、これによっては、さらに返還時期が遅くなるのだが・・・北部訓練場の返還は沖縄にとっても喜ばしいことだが、それは喜びながら、ヘリパッドの工事に対して未だに難癖を付けている翁長雄志の政治姿勢自体に大問題があるのだ。普天間基地にしても、生きた国賊・鳩山由紀夫がちゃぶ台返しをしなければ、辺野古への移転が済んで普天間基地の敷地も既に帰ってきている時期なのだ。
 共産、社民党では、何が大切かという大局に立った見方ができないのだから、沖縄県政からも国政のように駆逐をする必要がある。(No.5002)

|

« スワップは外交カードでも切るな | トップページ | 通名のようにブランドを変える »

共産党」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64500155

この記事へのトラックバック一覧です: 環境アセスのやり直しやりますか?:

« スワップは外交カードでも切るな | トップページ | 通名のようにブランドを変える »