« TPPアメリカだけじゃないのだが | トップページ | 密室で何でも決める伏魔殿 »

朴槿恵で盛り上がっているのはニュース

朴槿恵氏を15日にも聴取=現職大統領に初の捜査-親友の国政介入疑惑・韓国検察
 【ソウル時事】朴槿恵韓国大統領の親友、崔順実容疑者による国政介入疑惑で、韓国メディアは13日、検察の特別捜査本部が15日にも朴大統領を参考人として聴取する方針を固め、大統領府に通知したと報じた。現職大統領が捜査を受けるのは初めて。憲法上、刑事訴追の対象にはならないが、朴大統領が直接的な関与を認めるかどうかが注目される。
 捜査本部当局者は韓国記者団に対し、「朴大統領を遅くとも今週火曜日(15日)または水曜日(16日)には聴取しなければならない。大統領府と日程を調整し、回答を待っている」と明らかにした。聴取場所については「協議、調整しなければならない」と語った。
 報道によれば、大統領府に捜査員を派遣する方式や、検察庁舎・大統領府以外の「第三の場所」での聴取が検討されているという。ただ大統領府報道官は「大統領の日程や弁護人の選定の問題がある」と述べ、聴取の日取りはなお調整中との認識を示した。
 検察によると、崔容疑者は前大統領府政策調整首席秘書官の安鍾範容疑者と共に、文化・スポーツ事業振興名目で「ミル財団」と「Kスポーツ財団」を設立し、企業に圧力をかけ、巨額の資金拠出を強要した疑い。崔容疑者は容疑を否認しているが、安容疑者は「朴大統領の指示で財団を設立し、資金を集めた」と供述したと伝えられている。
 朴大統領は財団設立前の昨年7月、財閥トップらを大統領府に招待し、「『韓流』を広めるため、企業が支援していかなければならない」などと協力を求めたとみられている。
 韓国メディアによると、捜査本部は13日までに、現代自動車の鄭夢九会長、サムスン電子の李在鎔副会長ら財閥首脳を次々と召喚し、参考人聴取した。財団に巨額の資金を提供する過程で、朴大統領から直接要請を受けたかどうかを調べているとみられる。(以上(時事ドットコム2016/11/13-18:21)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111300082&g=int

 朴槿恵の糞ババアがとうとう検察の聴取に応じることとなったが、日本のマスゴミの海外ニュースと言えば朴槿恵だ。
 南朝鮮の大統領のことなどどうでも良いのだが、朝鮮人によって汚鮮された日本のマスゴミとしては、南朝鮮のことが第1になるのだろう。朴槿恵の糞ババアがどっちに転ぼうとも日本に対した影響はないのだが、不思議なことだ。
 マスゴミは南朝鮮の性犯罪など決して報道しないが、なぜだか朴槿恵だけは別格だ。(No.5000-2)

|

« TPPアメリカだけじゃないのだが | トップページ | 密室で何でも決める伏魔殿 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64492301

この記事へのトラックバック一覧です: 朴槿恵で盛り上がっているのはニュース:

« TPPアメリカだけじゃないのだが | トップページ | 密室で何でも決める伏魔殿 »