« 現実路線を否定する偏向紙 | トップページ | 存在が邪魔でしかないのは野党 »

森外し当然だろう小池知事

小池知事、五輪で“森会長外し” 「調整会議役目終えた」IOCと直接交渉 豊洲移転ロードマップ公表
 『東京五輪問題でも、注目発言があった。
 小池氏自身や組織委員会の森氏、丸川珠代五輪相らが参加する「調整会議」について、「役目を終えたと思う。国内の関係者が集まるよりも、IOCと一緒にやる方が手っ取り早い」「組織委員会を通じて伝言で聞くのではなく、直接つながることはスピード化につながる」と語ったのだ。
 組織委員会は、東京五輪の運営主体であり、大会の運営や計画、準備、IOCとの連絡調整、仮設施設の整備、マーケティングなどを行う。
 小池氏は、都が五輪開催費圧縮に取り組むなかで、組織委員会の「IOCとの連絡調整」機能に疑問を持ったようだ。森氏率いる組織委員会が「ノー」と言っても、都がIOCや競技団体と直に交渉すると別の答えが返ってくるのだという。
 都庁関係者は「小池氏側は『組織委員会はIOC側の声を正確に伝えていない』と感じている。都民の大多数が開催費圧縮を支持するなか『組織委員会には、別の思惑やしがらみがあるのではないか』と不信感を強めている」と語っている。』(以上(ZAKZAK2016.11.07)より部分引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161107/plt1611071130001-n1.htm

 小池知事が、サメの脳みそ・森喜朗を外してIOCと直接交渉をすることを明らかにした。
 サメの脳みそ・森喜朗は総理時代から、「サメの脳みそ」と言われていただけのことはあって、とにかく頭が悪いのに何処にでもしゃしゃり出てくると言うトンデモない輩なのだ。さらに、闇で総理になっただけあって、とにかく物事をオープンにせず、闇取引で物事を決めてきたのだから当然のことだ。まして、組織委が決めた金額を赤字になれば東京都が補填するだけで、どのようなカネの使い道かも監査すら拒否しているのだ。
 サメの脳みそ・森喜朗が絡むだけで、利権が発生しその分コストも割高になるのだから、サッサと小池知事は森喜朗の悪事を暴いて引導を渡すべきだ。(No.4993-2)

|

« 現実路線を否定する偏向紙 | トップページ | 存在が邪魔でしかないのは野党 »

サメの脳みそ・森喜朗」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64456967

この記事へのトラックバック一覧です: 森外し当然だろう小池知事:

« 現実路線を否定する偏向紙 | トップページ | 存在が邪魔でしかないのは野党 »