« 連合の票だけ欲しい虫の良さ | トップページ | 朝日では民進党の味方です »

敗訴でも負けず嫌いの朝日です

朝日の契約金報道、巨人軍の勝訴確定…最高裁
 読売巨人軍の選手契約金に関する朝日新聞の記事で名誉を傷つけられたとして、巨人軍が朝日新聞社に損害賠償などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は24日付の決定で、巨人軍、朝日側双方の上告を退けた。
 朝日記事による名誉毀損の成立を認め、朝日新聞社に330万円の支払いを命じた2審・東京高裁判決が確定した。
 朝日新聞は2012年3月15日の朝刊1面と社会面で、巨人軍が1997~2004年度に6選手と、当時のプロ野球界の申し合わせ金額を計27億円超過する計36億円の契約金で入団契約を結んでいたなどと報道。翌16日朝刊2面には、「臭いものにふた 続く不正」などの見出しで、巨人軍を非難する編集委員の署名記事も掲載した。
 1審・東京地裁判決は、記事が真実だったとして巨人軍の請求を棄却したが、今年6月の高裁判決は、朝日記事が、巨人軍の一部選手との契約は、球界を統括する日本野球機構(NPB)から「厳重注意処分」を受けるような非難されるべき行為だったと報じていると指摘。巨人軍の契約は、12球団の申し合わせを踏まえて導入された出来高払いを制度化したものであり、「NPBから処分を受ける可能性はなく、記事は真実ではない」と判断した。
 さらに、朝日新聞記者がNPB関係者に裏付け取材をせずに、「大幅な申し合わせの超過は許されない」と誤解したまま記事を書いているとし、編集委員の記事と合わせて巨人軍の名誉を毀損したと結論づけた。
 読売巨人軍広報部の話「朝日新聞が必要な取材もせずに報道した記事により、当球団の名誉が毀損されたと認定した判決が、最高裁で確定したことは妥当だと考えます。当球団は、記事を真実と誤って認定した朝日新聞の『報道と人権委員会』に、見解の見直しを求めます」
 朝日新聞社広報部の話「巨人軍が6選手と最高標準額を大幅に上回る契約金を支払う契約を結んでいた、とする記事の根幹部分は真実だと認められた、と受けとめています」
(以上(読売新聞2016年11月25日19時20分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161125-OYT1T50109.html
 最高裁でアカヒ新聞の巨人の偏向報道の判決があり、アカヒ新聞に330万円の支払いを命じた判決が確定した。
 しかし、アカヒ新聞は、記事の根幹部分は真実だったとほざいている。真実を報道するのが新聞だが、アカヒ新聞は、取材もしていない日本野球機構の発言を取材せずに、想像で報道したという点を全く反省していないのだ。このような捏造新聞の天声人語を大学入試問題に使う大学は、入学を避けた方が良い。
 何と言ってもアカヒ新聞は、事実報道より角度を付けた記者の記事を優先するのだから、読む値打ちなど皆無だし、反省もしていないのだ!(No.5012-3)

|

« 連合の票だけ欲しい虫の良さ | トップページ | 朝日では民進党の味方です »

「スポーツ」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64542485

この記事へのトラックバック一覧です: 敗訴でも負けず嫌いの朝日です:

« 連合の票だけ欲しい虫の良さ | トップページ | 朝日では民進党の味方です »