« 謝罪して済めば警察など要らぬ | トップページ | 毎日のように殺人犯す高齢者 »

民進党など日本には馴染まない

蓮舫氏「トランプ氏に失礼」でまたもブーメラン 本来の立場忘れ、本末転倒の攻撃材料に
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案などをめぐり、米大統領選でTPP脱退を明言するトランプ氏が勝利したことを受け、民進党執行部から承認案の即時撤回を求めるような発言が相次いでいる。そもそもTPP交渉参加に向けた協議入りを決断したのは、平成23年の旧民主党・野田佳彦内閣だ。自由貿易体制を重視する本来の立場を忘れ、トランプ氏を安倍晋三政権の攻撃材料にするのは本末転倒でないか。
 蓮舫代表「新大統領に対して失礼にあたるのではないかとも思い、懸念している」
 野田幹事長「新しい大統領にケンカを売るような話にもなりかねない」
 蓮舫、野田両氏はトランプ氏が勝利した9日、承認案などの衆院採決を急ぐ政府・与党を批判した。
 民進党は「今回の交渉で農産物重要5項目の聖域が守れなかった」ことなどを理由に承認案に反対しているが、TPPの理念は否定しない立場。7月の参院選で発表した「民進党政策集2016」にも「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の実現をめざし、その道筋となっているTPPなどの経済連携を推進します」と明記している。
 トランプ氏はTPPを「米製造業の致命傷になる」と批判するなど保護主義的な姿勢を示してきた。民進党の考えるべき道は、TPPの理念まで消え去りかねない危機への対応であり、「トランプ氏に失礼」などと肩を持つことではないはずだ。(水内茂幸)(以上(ZAKZAK2016.11.12)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161112/plt1611121530004-n1.htm

 民進党の違法ハーフ蓮舫が、TPP協定の承認案を「トランプ氏に失礼」とほざいた。
 そもそもTPP協定に参加することを決めたのは、民主三バカ政権の野田豚内閣時であり、天に唾するような発言だ。とにかく民進党は、社民党の党是の「何でも反対党」を堅持しているだけで、大局を見極める能力など欠如しているのだ。違法ハーフ蓮舫代表にしても、自分のことは棚に上げて人を攻撃するという日本人の真っ当な感性からすると受け入れがたい、中国や南朝鮮の思考そのものだ。また、幹事長の野田豚は、政権時代の反省も無く、景気よりも財政健全化という財務省に洗脳されたままの自分では考える能力もない無知無能の輩に過ぎない。そんな野田豚を幹事長に据えた違法ハーフ蓮舫の思考回路も既に壊れている。
 民進党は、代表から党役員に至るまで、日本には馴染まない政党だから、中国なり南朝鮮に鞍替えしたら良いのだ。(No.4999)

|

« 謝罪して済めば警察など要らぬ | トップページ | 毎日のように殺人犯す高齢者 »

中国」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64485578

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党など日本には馴染まない:

« 謝罪して済めば警察など要らぬ | トップページ | 毎日のように殺人犯す高齢者 »