« 民共が邪魔しなければ済んだこと | トップページ | 野田の経済は既に破綻済み »

重箱の隅を突いている野党

鶴保沖縄相、「土人」差別と断定できず=野党批判、辞任要求も
 鶴保庸介沖縄担当相は8日の参院内閣委員会で、沖縄県の米軍施設建設現場周辺で警備に当たっていた機動隊員が抗議活動中の住民らに「土人」などと発言した問題に関し、「『土人である』と言うことが差別であるとは断定できない」と述べた。鶴保氏は「言論の自由はどなたにもある」とした上で、「現在、差別用語とされるようなものでも、過去には流布していたものがたくさんある」と指摘した。共産党の田村智子氏への答弁。
 これに関し、菅義偉官房長官は8日の記者会見で、「人権問題として捉えるかも含め、個別の事案をつぶさに注視していくことが重要だと思う。鶴保氏もそのような趣旨で述べているのではないか」と語った。
 一方、民進党の福山哲郎幹事長代理は記者団に「沖縄県民の心情を踏みにじり、沖縄の歴史を理解しない発言だ」と批判し、鶴保氏を国会で追及していく考えを示した。社民党の又市征治幹事長は会見で「そういう認識の人が閣僚でいることが問題だ。辞めてもらいたい」と求めた。(以上(時事ドットコム2016/11/08-18:32)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110800372&g=pol

 沖縄のヘリパッド反対派を裏で支える共産党が、「土人」発言を差別かと鶴保大臣に質疑し、鶴保大臣が断定出来ないと回答した。
 そもそも、ヘリパッド反対派を資金面からも協力して日当を支払っているとされる共産党にとやかく言われる筋合いはない。松井大阪府知事が言う通り、反対派の暴言・暴力の方が余程か酷いのだ。民進党の帰化朝鮮人の福山(陳)哲郎も「沖縄県民の心情を踏みにじり」とほざいているが、反対派に地元民はおらず、県外からやって来て騒いでいる反対派か、地元に近年移住して地元民の面をしている反対派だけだ。カラス天狗の又市に至っては、鶴保大臣の資質をとやかくほざいているが、社民党の福島瑞穂も反対派に一枚噛んでいることを忘れた放言だ。野党は重箱の隅を突いているが、これが政治の本質だと勘違いしているならば、今すぐ議員辞職をして欲しい。お前等を税金で養う義理など無いのだ。
 本当にくだらないことで国会審議の邪魔をする野党に与党は質疑時間を与える必要は無いから、与党の質疑時間が終わったらサッサと採決をすれば良いのだ。(No.4995-2)

|

« 民共が邪魔しなければ済んだこと | トップページ | 野田の経済は既に破綻済み »

共産党」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64465615

この記事へのトラックバック一覧です: 重箱の隅を突いている野党:

« 民共が邪魔しなければ済んだこと | トップページ | 野田の経済は既に破綻済み »