« 日本を貶めた朝鮮系が落選す | トップページ | 戦略がないからTTPに反対す »

願望を記事にしているのは朝日

保留のユネスコ拠出金、政府が近く支払い 7億7千万円
 政府は、ユネスコ(国連教育科学文化機関)に任意拠出を約束していた2016年分の拠出金(約7億7千万円)を近く支払うことを決めた。「ユネスコの事業を精査する」として、これまで分担金(約38億5千万円)とともに支払いを保留していた。外務省幹部が9日、自民党の会合で明らかにした。
 拠出金は加盟国の判断で支出先を選択でき、日本はカンボジアのアンコールワット修復費や地震防災事業などへの支払いを約束している。しかし、中国が申請した「南京大虐殺の記録」が昨年、ユネスコ記憶遺産に登録されたことに反発。今年分の拠出金と、加盟国に義務づけられる分担金を支払っていなかった。
 外務省の下川真樹太国際文化交流審議官はこの日の自民党会合で「何に使われるかわからない分担金と違い、拠出金は対象国に日本の協力であることが認識されている」と説明。分担金は、引き続き支払いを保留する方針だ。(武田肇)(以上(朝日デジタル2016年11月9日15時40分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJC935SCJC9UTFK009.html

 アカヒ新聞がユネスコに政府がもうすぐ拠出金を支払うと根も葉もない願望を記事にした。
 何と言っても、アカヒ新聞は国政を新聞記事による誘導で動かそうとしているのだから、どうしようもない偏向新聞だ。ユネスコの拠出金を支払うと言うことは、中国の南京大虐殺や南朝鮮の自称慰安婦を認めるに等しいことだ。それでも、このような記事をアカヒ新聞が書き続けるということは、アカヒ新聞の言い分では「角度を付ける」かも知れないが、その内容に「確度が無い」のだから、読むに値しない新聞だ。そもそも、南朝鮮が自称慰安婦を取り上げだしたのは、アカヒ新聞による慰安婦の捏造記事からだ。その反省もないから、このような記事が書けるのだろう。反省が無いと言えば、アカヒ新聞が偏向記事で庇っている民進党と同じことだ。
 当事者の意見も聞かない、資料もオープンにしないユネスコに日本が拠出金を支払わなければならない意義が何処にあるとアカヒ新聞は言いたいのか!(No.4996-2)

|

« 日本を貶めた朝鮮系が落選す | トップページ | 戦略がないからTTPに反対す »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64469171

この記事へのトラックバック一覧です: 願望を記事にしているのは朝日:

« 日本を貶めた朝鮮系が落選す | トップページ | 戦略がないからTTPに反対す »