« 民進党質疑はまるで幼稚園 | トップページ | 民進党に相談などは無用です »

日本の諸悪の根源です翁長

米軍ヘリパッド「苦渋の選択の最たるもの」 翁長沖縄県知事が就任2年会見
 翁長雄志知事は28日午後、12月10日の知事就任2周年を前に報道各社のインタビューに応じた。米軍北部訓練場でのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に対する知事姿勢について「北部訓練場も苦渋の選択の最たるものだ。SACO(日米特別行動委員会最終合意)の着実な実施と地元2村との信頼などを考える中で、オスプレイ配備撤回で物事は収れんされるのではないか」と述べ、工事への反対ではなくオスプレイ配備撤回を求めていく姿勢を強調した。
 翁長知事は、2014年10月に行った知事選出馬の公約発表会見で「ヘリパッドはオスプレイの配備撤回を求めている中で連動し反対する」と明言していた。
 辺野古違法確認訴訟で最高裁の敗訴判決が出た場合の対応を問われ、岩礁破砕の再申請や設計変更、サンゴ移植などを巡る知事権限を挙げ「埋め立て承認が元に戻ったとしても、一つ一つ判断していく。その中で(新基地建設反対の)思いを届けていきたい」と語り、新基地建設反対を訴えていく考えを改めて示した。
 稲嶺進名護市長が「海にも陸にも造らせない」としていることに関連し、海を埋め立てず既存の基地内に移設する考えについては「新辺野古基地は造らせない、オスプレイ配備撤回、普天間基地は県外、国外―を公約に掲げ、今日も変わっていない。政府との話し合いでも信念をしっかり伝えながら、まずは『辺野古唯一』はやめてもらいたいとの思いを伝え、新辺野古基地を造らせない大きな成果を得るようにしていきたい」と話した。(以上(【琉球新報電子版】2016年11月28日16:35)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-402532.html

 翁長雄志が県知事就任2周年会見で、ヘリパッド工事への反対の立場を変えたことをほざいた。
 要するに、翁長雄志としては宗主国・中国様のために、如何に米軍基地の再編を邪魔するかしか頭にないのだ。また、頭が悪いから一つずつ潰されているのだ。ヘリパッド反対をオスプレイ配備反対に看板を替えて、反対運動を起こしているのだから、日本には不要の政治屋と言える。辺野古移転にしても、普天間基地の安全の問題を放置したままやっているのだから、翁長雄志の反対は、シンパの左巻きの利益のためだけにやっていると言っても過言では無い。日本の国防という観点が翁長雄志には全く欠如しているのだ。小役人が県知事をやっているのだから、物事が進展しないのだ。
 もうすぐ、辺野古移転の最高裁判決も下るから、翁長雄志の逃げ場が段々無くなるのだ。辺野古を新基地とほざくこと自体、事実を無視しているのだ。(No.5016)

|

« 民進党質疑はまるで幼稚園 | トップページ | 民進党に相談などは無用です »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64558471

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の諸悪の根源です翁長:

« 民進党質疑はまるで幼稚園 | トップページ | 民進党に相談などは無用です »