« 毎日のように殺人犯す高齢者 | トップページ | TPPアメリカだけじゃないのだが »

違法写真も平気で載せる沖縄紙

米軍ヘリパッド工事着々 沖縄・北部訓練場、訓練道も
 沖縄県の東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で、今回新たに建設される4カ所のうち、一番遠くに位置する「G地区」の建設作業の様子が分かった。樹木の伐採は終了し、一部砂利も敷かれていた。さらに宇嘉川の河口につながる訓練道の工事も進んでいる。
 ヘリパッドの造成地が平たんではない「H地区」のヘリパッドに比べ、位置は遠いが作業は早いペースで進んでいるとみられる。
 さらに沖縄防衛局が宇嘉川から「G地区」のヘリパッドにつながる訓練道の整備のため、14、15の両日、民間ヘリで資機材を空輸することを受けて、宇嘉川周辺の土地改良区の農道に少なくても7台の警察車両が駐車しているのが確認できた。周辺には数十人の機動隊員も確認されており、市民らの抗議行動を警戒しているとみられる。
 一方、「N地区」の二つのヘリパッドのうち、奥に位置するヘリパッドは、砂利の上に敷いた緑色のマットの上に土がかぶせられている状態で、その上に芝を植える最終段階にまで来ているとみられる。「H地区」は土地を平たんにする作業が進められている。(以上(琉球新報2016年11月13日06:30)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-393338.html

 偏向新聞・琉球新報が、ヘリパッド工事が順調であることが気に入らないと記事を載せた。
 その記事の中には、明らかに北部演習場上空からでないと撮影出来ない写真を『米軍北部訓練場「G地区」のヘリパッドから訓練道でつながる宇嘉川河口部付近。農道に複数の警察車両が確認できる(桐島瞬氏提供)』として掲載しているが、これは、ドローンか空撮かは分からないが、違法行為によって撮影された写真だ。こうやっても、法的に問題の無い行為をあたかも悪いかのように偏向させて沖縄県民に伝えているのだから、沖縄をまともにするには、共産党、社民党という県外では使い物にならない政治屋を駆逐すると共に、沖縄県に産経新聞のようなまともな新聞を入れることも必要だ。
 ヘリパッド工事が順調ならば、年内に北部演習場の半分が返還されるのだから喜ぶべきだ。(No.4999-3)

|

« 毎日のように殺人犯す高齢者 | トップページ | TPPアメリカだけじゃないのだが »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64486816

この記事へのトラックバック一覧です: 違法写真も平気で載せる沖縄紙:

« 毎日のように殺人犯す高齢者 | トップページ | TPPアメリカだけじゃないのだが »