« 機動隊何でも悪い偏向紙 | トップページ | 重箱の隅を突いている野党 »

民共が邪魔しなければ済んだこと

TPP速記録、「聴取不能」9カ所 民進、やり直し要求
 環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案の採決が強行された4日の衆院TPP特別委員会の速記録で、「聴取不能」として採決時のやり取りが書き取れていない箇所が複数あることがわかった。民進党は8日、「何を採決したのかがわからず無効だ」(今井雅人特別委理事)として、採決のやり直しを求めた。
 採決は、民進、共産両党の議員が自民党の塩谷立委員長の席を取り囲み、採決に抗議する騒然としたなかで行われた。速記録では、承認案と関連法案の採決部分の5カ所など計9カ所で「聴取不能」とされた。
 特に承認案について、塩谷氏が「賛成の諸君の起立を求めます」と言った後のやり取りが不明で、関連法案について「起立多数。可決されました」と記されている。このため、承認案と関連法案が個別に採決されたのか、一括して可決されたのかわからない状態だ。
 速記録は校閲や訂正などの手順を経て正式な議事録となり、公開される。(松井望美)(以上(朝日デジタル2016年11月9日00時53分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJC85KNVJC8UTFK00X.html

 審議拒否し採決にはなだれ込んで邪魔をした民進党が、速記録に「聴取不能」とあるので採決は無効だとほざいたが、それを起こしておいで何をほざくのかと言いたい。
 民進党など審議拒否するぐらいならば、採決も欠席していれば良かったのだ。ヤジ怒号で速記者が聞き取れないようなことをした民進党がこの様なことをほざくこと自体、民進党には良心というものが欠如していることを表している。そもそも、民進党の支持率など1割もないのだから、それを以て国民の意志を表明しているなどとは言えないのだ。民進党支持者は、民進党議員並みの頭が悪い輩が騙されたとも知らずに、妄信的に支持しているだけだ。
 民進党の存在自体、税金の無駄だ。(No.4995)

|

« 機動隊何でも悪い偏向紙 | トップページ | 重箱の隅を突いている野党 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64464639

この記事へのトラックバック一覧です: 民共が邪魔しなければ済んだこと:

« 機動隊何でも悪い偏向紙 | トップページ | 重箱の隅を突いている野党 »