« 環境アセスのやり直しやりますか? | トップページ | 返還はウエルカムだと言う翁長 »

通名のようにブランドを変える

イオンのプライベートブランド「グリーンアイ」シリーズを刷新
イオンは、プライベートブランド「トップバリュ」の中でも環境と健康に配慮した「グリーンアイ」シリーズを15日、刷新した。第1弾として43品目を全国のイオンやマックスバリュ、ダイエーなどで販売する。
 グリーンアイをさらに3つに分類。「フリーフロム」は保存料や着色料に加えて、漂白剤やトランス脂肪酸といった原料の使用を控えた。「オーガニック」は、有機栽培の野菜やコーヒーなど、「ナチュラル」は持続可能な方法で漁獲したサケの切り身をそろえた。(以上(産経ニュース2016.11.16 08:12)より引用)
http://www.sankei.com/life/news/161116/lif1611160019-n1.html

 イオンがトップバリュの中に「グリーンアイ」というブランドを立ち上げて、南朝鮮製品のイメージを払拭しようと画策している。
 「グリーンアイ」は環境と健康に配慮したそうだが、トップバリュというブランドが、産地を明記せずに、南朝鮮製、中国製を売っていることは、ネットでは周知の事実だ。それが通名を変えようとも、騙されるのはネットを見ない高齢者だろう。環境と健康に配慮と言われても、何処の馬の骨が作っているか分からないブランドを通名を変えたから買えというのは、イオンならではの横暴だろう。
 イオンは通名をいくら変えても産地表示が正確になされていないということに対応しなければ、売れるはずもない。岡田家没落で良しだ。(No.5002-2)

|

« 環境アセスのやり直しやりますか? | トップページ | 返還はウエルカムだと言う翁長 »

中国」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64500836

この記事へのトラックバック一覧です: 通名のようにブランドを変える:

« 環境アセスのやり直しやりますか? | トップページ | 返還はウエルカムだと言う翁長 »