« 願望を記事にしているのは朝日 | トップページ | 面の皮こんなに厚いのが翁長 »

戦略がないからTTPに反対す

民進・榛葉賀津也参院国対委員長「TPPどころではない、アベノミクスどころではない」「安倍首相はトランプをスルー、失態だ」
 民進党の榛葉賀津也参院国対委員長は9日の記者会見で、米大統領選で共和党候補のドナルド・トランプ氏が優勢となったことを踏まえ、与党の国会運営を厳しく批判した。
 榛葉氏は、与党が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案の早期成立を目指していることについて「トランプ氏はTPPに絶対反対といっていた。国会でTPPをやっている場合ではない。やっても、何の国益にもならない」と指摘。「これだけ株が下がってアベノミクスどころではない。可及的速やかに予算委員会を開き、経済問題や日米外交を議論すべきだ」と主張した。
 さらに、安倍晋三首相が今年9月の訪米時に民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官と会談したことを念頭に「首相は片方のクリントン氏と会談し、トランプ氏をスルーした。これは大きな失態だ」と批判した。(以上(産経ニュース2016.11.9 15:57)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161109/plt1611090020-n1.html

 戦略も何も無い民進・榛葉賀津也がトランプ氏の勝利で、TTPもアベノミクス所ではないとほざいた。
 本当に頭の悪い民進党に振り回されている国会だが、実業家のトランプ氏もクリントン氏もTTPに反対の立場を取っていたと言うことは、アメリカにとってTPPは不利な内容で、逆を言えば日本にとって有利な内容だったのだ。アメリカ大統領選挙の前にTPPを可決しておけば、日本のために有利だったのだが、戦略もなく何でも反対している民共合作によって日本の国益が駄目になったと考える方が自然だ。とにかく民進党、共産党、社民党は、日本の国益よりも中国、南朝鮮の国益を優先する売国政党なのだから、こいつらなど言うことなど無視しても良いのだ。
 民進党相手に予算委員会を開いても税金の無駄だから、民進党など無視して日本の国益のための法案を成立させるべきだ。(No.4996-3)

|

« 願望を記事にしているのは朝日 | トップページ | 面の皮こんなに厚いのが翁長 »

共産党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64469273

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略がないからTTPに反対す:

« 願望を記事にしているのは朝日 | トップページ | 面の皮こんなに厚いのが翁長 »