« 政調費なら辞任することないのにね | トップページ | お隣と何を決めても全部反古 »

振興費貰ったことは頬被り

翁長知事、稲田防衛相にアセス再実施要請 米軍ヘリパッド建設で
 【東京】翁長雄志知事は21日、防衛省で稲田朋美防衛相と会談し、米軍普天間飛行場に配備されている新型輸送機MV22オスプレイの配備撤回と、米軍北部訓練場のヘリパッド建設に伴い、オスプレイの運用を勘案し環境影響評価(アセスメント)を再実施するよう要請した。稲田防衛相は、事後調査報告書で対応するなど従来通りの方針を伝えたという。
 翁長知事は要請が東、国頭の両村も同意していることを強調。北部訓練場で建設が進められているヘリパッド4カ所の本格的な運用が始まる前に、早急にアセスを実施するよう求めた。
 稲田防衛相は「日頃は防衛施設の諸課題について尽力いただいていることに深く感謝する。北部訓練場の返還は沖縄の負担軽減につながる。誠心誠意対応したい」と答えた。翁長知事らによると、防衛省がオスプレイの訓練移転に取り組んでいることなどを説明したという。 会談後、翁長知事は記者団に「(訓練移転が)沖縄の基地負担につながるというが、沖縄の今日までのいきさつからすると配慮しているようにみえない。これだけ基地を預かる沖縄に一つも配慮できないとなると、将来の日米安保体制や安全保障はなかなか見通すことができない」と話した。(以上(沖縄タイムス2016年11月22日07:46)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/72245

 偏向新聞・沖縄タイムスが、翁長雄志が「沖縄に一つも配慮出来ない」とほざいたそうだが、沖縄振興費3000億円は何なんだ?
 とにかく被害妄想に取り憑かれている翁長雄志は、共産党・社民党脳で何でも反対、中国様のことは分からないという国際感覚も政治感覚も欠如した唐変木だ。稲田防衛相も翁長雄志がヘリパッドの環境アセスのやり直しとほざくならば、今すぐ翁長雄志が望む通りヘリバッドの工事を止めてやれば良いだろう。そうすれば、北部訓練場の半分の返還が遅れるだけのことだけのことなのだから。これを沖縄のためとは言えないのだろうか?巷の噂では、返還される北部演習場の地主が、これまでは補償費を貰っていたが、返還されると固定資産税を支払わなければならないから反対だという話もある。どうせ、振興費を沖縄に支払っても、翁長雄志の無駄遣いに消えるだけだ。翁長雄志は沖縄市長時代に中国に忠誠を誓う龍柱を建てるとともに、待機児童が沢山居るのに保育園に相談室という名目でバーカウンターまで作らせているのだ。
 翁長雄志が沖縄に配慮がないとほざくなら振興費3000億円を全額カットするべきだ。(No.5008-2)

|

« 政調費なら辞任することないのにね | トップページ | お隣と何を決めても全部反古 »

共産党」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64527640

この記事へのトラックバック一覧です: 振興費貰ったことは頬被り:

« 政調費なら辞任することないのにね | トップページ | お隣と何を決めても全部反古 »