« 脱原発に風穴開ける新市長 | トップページ | 正論の和田政宗が自民党 »

小池色に染め直すユニホーム

小池知事“舛添色”一掃へ PRロゴ、ユニホーム…「躊躇なく変えたい」
 東京都の小池百合子知事は18日、舛添要一前知事が導入した観光ボランティアのユニホームのデザインについて「申し訳ないけど、色がバラバラ。躊(ちゅう)躇(ちょ)なく変えたい」と述べた。舛添氏のときに決まった東京PRのブランドロゴ「&TOKYO」についても認知度などを検証する意向を表明。“舛添銘柄”見直しの姿勢を鮮明にした。
 ユニホームは、青いベスト風のプリントをしたポロシャツと帽子のセットなど4種類。舛添氏は「かわいらしい」と評価していたが、ネットなどで「ダサい」と酷評する声が出ていた。
 小池氏は会見で「『これを着たい』という話を聞かない。(環境相として)クールビズを始めた私とすれば、『着たい』と思うものでなければ広がらない(と考える)」と批判した。
 今月25日に東京のブランドのあり方を検討する会議を立ち上げ、ユニホームとブランドロゴについて議論していくとした。(以上(ZAKZAK2016.11.19)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161119/dms1611191530005-n1.htm

 小池都知事が、舛添朝鮮禿が決めたボランティアのユニホームも朝鮮の衛士のようなデザインを止めるそうだ。
 舛添朝鮮禿の決めたボランティアのユニホームは、1着2十数万円という何を考えているのかというような代物の上に、朝鮮の衛士のデザインをパクっており、ネットでも評価する人は皆無に等しかった。東京五輪は夏の大会でもあり、ボランティアのユニホームは揃いのTシャツと+αで済むことだと思う。何と言っても、舛添朝鮮禿は朴槿恵の糞ババアに忠誠を誓って、南朝鮮のためなら何でもやるという輩だったから、日本の五輪にも南朝鮮のデザインを取り入れたかったのだろう。
 東京五輪から舛添朝鮮禿の影も形もなくするべきだ。(No.5007-2)

|

« 脱原発に風穴開ける新市長 | トップページ | 正論の和田政宗が自民党 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64523026

この記事へのトラックバック一覧です: 小池色に染め直すユニホーム:

« 脱原発に風穴開ける新市長 | トップページ | 正論の和田政宗が自民党 »