« 言い掛かり付けては邪魔をする翁長 | トップページ | 民進党など日本には馴染まない »

謝罪して済めば警察など要らぬ

山城氏「大衆運動への弾圧」  勾留理由開示で捜査を批判
 米軍北部訓練場周辺の工事用道路で、沖縄防衛局の職員に揺さぶるなどの暴行を加えてけがを負わせ、公務を妨害したとして、傷害と公務執行妨害の容疑で逮捕された沖縄平和運動センターの山城博治議長の勾留理由開示手続きが9日、那覇簡裁(上原宏光裁判官)で開かれた。
 山城議長は「もし傷害があったとしたなら、私たちの望むところではない。心からおわびしたい」とした。
 一方、「7月22日に多数の機動隊が私たちに襲いかかった事態を明らかにせず、私たちを毎日捜査するのは沖縄の抵抗、大衆運動に対する弾圧だ」と批判した。(以上(琉球新報2016年11月10日11:32)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-391773.html

 ヘリパッド工事現場で、沖縄防衛局職員に暴行を働いた山城博治の勾留理由開示手続きが行われ、山城は傷害があったらお詫びするとほざいた。
 山城博治の悪行三昧は、ヘリパッド工事現場の米軍の北部演習場内に入り込んで有刺鉄線を切ったという器物損壊の現行犯であるだけではなく、沖縄防衛局職員に暴行を加えたのだから、お詫びで済むはずがない。お詫びで済めば殺人でも釈放されることになる。
 山城博治は、継続して犯行を行う可能性が強いのだから、絶対に釈放などせずに、裁判の判決まで留置しておくべきだ。(No.4998-3)

|

« 言い掛かり付けては邪魔をする翁長 | トップページ | 民進党など日本には馴染まない »

公務員」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64479025

この記事へのトラックバック一覧です: 謝罪して済めば警察など要らぬ:

« 言い掛かり付けては邪魔をする翁長 | トップページ | 民進党など日本には馴染まない »