« 組織委で全額負担すればよし | トップページ | 韓国が何と言おうともう終わり »

デマゴーグ民進党の得意技

「僕ちゃん知らない、言ってない」「デマゴーグだ!」安倍首相が民進・長妻昭代表代行の憲法改正をめぐる質問に激怒
 安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、民進党の長妻昭代表代行の質問に対し「デマゴーグだ」などと激怒した。
 長妻氏は自民党の憲法改正草案で基本的人権を規定した憲法97条が削除されている点を指摘し、「人権が制約されるのではという懸念が広がる。自民党の責任者として、なぜこういう草案を出したのか」とただした。
 首相は長妻氏を指さし「大変な事実誤認がある。谷垣禎一総裁の時に世に出した。(国民に)誤解をされる。国民が心配しているというが、われわれは草案を示して4回の選挙で、みなさんよりは圧倒的に勝利を収めている」と反論した。
 これに対し長妻氏は「谷垣総裁の時に作ったものだから、僕ちゃん知らないよというふうに聞こえた。われわれも代表が代わっても政策は継続する」と再反論した。
 これには首相は「谷垣総裁の時に作ったものだから僕ちゃん知らない、と一言でも言いました? まったく言っていないのに言ったように言うのはデマゴーグの典型例だ」と激高。その上で、「全大臣が平成28年度補正予算案に答えるためにいる。(憲法改正については)憲法審査会でやっていただくべきだ」と注文を付けた。
 しかし長妻氏は「予算を執行する責任者は首相だ。予算審議はするが、予算執行するときに人権侵害されたら困る。人権に対しどういう理解をしているのかを問うのも重要な使命だ」と主張した。
 首相は「また、単なる誹謗中傷をした。予算執行にあたり人権を無視して執行するかもしれないと。われわれ(閣僚)は(基本的人権を守るという)憲法順守の義務を負っている。憲法違反をして予算執行することはあり得ない。あり得ないことをあり得るように言うのはデマゴーグだ」と声を荒らげた。さらに首相は「そういうことばっかし言っているから…」と続けようとしたところで、菅原一秀理事(自民)に「それ以上は」と制止された。(以上(産経ニュース2016.10.3 11:55更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161003/plt1610030018-n1.html

 厚労相時代「課長レベル」と言われていた長妻昭が、衆院予算委でデマゴーグを連発した。
 散々、安倍総理が憲法改正は憲法審査会でということが、課長レベルの頭の長妻昭には理解出来ないのだろう。予算審議のための予算委員会で人権と称して憲法改正問題をとやかくほざく民進党などに質問時間を与えるだけ無駄だろう。そんなに、予算執行で人権侵害とほざくならば、ちゃんと予算消化をチェックすれば済むはずだ。実際に、自民党政権の予算執行のどこに人権侵害があったというのだろうか?まさか、沖縄の辺野古や東村で工事妨害をやっている犯罪者・自称市民の人権とでも言いたいのだろうか?
 民進党のどこが「提案」と言うのだろうか?昔の民主党時代とどこがどう変わったのか蓮舫代表は具体例を出して示すべきだ。(No.4958-2)

|

« 組織委で全額負担すればよし | トップページ | 韓国が何と言おうともう終わり »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64293289

この記事へのトラックバック一覧です: デマゴーグ民進党の得意技:

« 組織委で全額負担すればよし | トップページ | 韓国が何と言おうともう終わり »