« 不都合はすぐに蓮舫逃げて行く | トップページ | 連合も損得見れば分かるはず »

告発をチャンと受けろよ特捜部

蓮舫氏を東京地検に告発へ きょう「二重国籍問題」で市民団体代表ら
 民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが28日午後、国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとする国籍法違反と公職選挙法違反の罪で、蓮舫氏に対する告発状を東京地検に提出することが分かった。この問題で蓮舫氏に対する告発が明らかになるのは初めて。
 告発状によると、蓮舫氏は17歳だった昭和60年1月に日本国籍を取得。国籍法に基づき、22歳になった平成元年11月28日までに日本国籍か台湾籍のいずれかを選択する義務があったにもかかわらず、選択の宣言をした今月7日まで怠った。
 また、16年7月の参院選(東京選挙区)に立候補する際、国籍選択の義務を果たしていないにもかかわらず、選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と記載して虚偽の事実を公表したとしている。
 岡代表らは告発状で「本来であればこの事実(蓮舫氏の二重国籍)を知った有権者の投票による当選はなかった可能性が十分あり、当時の選挙管理委員会と有権者を欺いた」と主張している。(以上(産経ニュース2016.10.28 13:42)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161028/plt1610280024-n1.html

 とうとう違法ハーフの蓮舫が市民団体に刑事告発された。
 これまでの違法ハーフ蓮舫の話が真実ならば、先の参院選時には蓮舫は二重国籍であり、選挙公報に「日本国籍」と記していた以上、公職選挙法違反行為になる。本来ならば、先に参議院で違法ハーフ蓮舫の証人喚問を行うべき所だが、どうも、政府・与党としては、来年早々とも言われている衆院選を戦うには、違法ハーフ蓮舫を民進党代表にしておく方が戦いやすいという私利私欲で、そのような動きをしていないのが、政治の怠慢だと考える。国民に対して、蓮舫がどのような奴かというのを国会の場で明らかにするのが、本来良識の府と言われている参議院の仕事ではないだろうか?これで、東京地検特捜部が、不起訴処分にでもしたら、東京地検特捜部は解散するべきだろう。
 東京地検特捜部は、告発を受けて捜査に入るのだろうが、国会会期中でも参議院に蓮舫の身柄拘束の申請をしてでも早く逮捕するべきだ。(No.4983-3)

|

« 不都合はすぐに蓮舫逃げて行く | トップページ | 連合も損得見れば分かるはず »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64410960

この記事へのトラックバック一覧です: 告発をチャンと受けろよ特捜部:

« 不都合はすぐに蓮舫逃げて行く | トップページ | 連合も損得見れば分かるはず »