« 豊洲でも焼け太りする公務員 | トップページ | 下手な弁護士が蓮舫に憑いている »

蓮舫が敵に回したのは労組

自主投票から一転、米山氏を支持…蓮舫代表
 民進党の蓮舫代表は14日、新潟市で街頭演説し、新潟県知事選(16日投開票)で共産、自由、社民の3党が推薦する米山隆一氏への支持を表明した。
 民進党は自主投票の立場だが、米山氏と自民、公明両党推薦の森民夫氏の接戦が伝えられ、急きょ判断した。野党共闘の枠組みを重視した事実上の方針転換に、党内では反発の声も出ている。
 蓮舫氏は街頭演説で「仲間の米山隆一さんを皆さんと一緒に応援したい。今の横暴な政治にあらがう人を選んでほしい」と支援を訴えた。
 ただ、民進党の支持団体である連合新潟は森氏の支持を決めている。同党の参院幹部は「自主投票で代表が特定の候補を応援するのは組織としてあり得ない」と不快感を示した。
 知事選にはこのほか、ともに無所属新人の三村誉一、後藤浩昌両氏も立候補している。(以上(読売新聞2016年10月14日23時20分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20161014-OYT1T50114.html

 民進党が自主投票を決めた新潟県知事選で、蓮舫が米山候補を応援すると方向転換したが、連合新潟と一線を画す判断だ。
 民進党というよりも民進党代表蓮舫が連合新潟に楯突くと言うことは、民進党の主たる支持組織の労組に矢を向けたのと同じだということに、蓮舫が気づいていない大バカ野郎ということらしい。当然、このしこりはずっと残るだろう。要するに蓮舫は、労組よりも共産党を選んだということなのだ。
 労組を見捨てて共産党と組んだ民進党は、支持母体を無くしたも同じだ。これで、蓮舫の日本制覇の夢が見えて来た。

|

« 豊洲でも焼け太りする公務員 | トップページ | 下手な弁護士が蓮舫に憑いている »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64351546

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫が敵に回したのは労組:

« 豊洲でも焼け太りする公務員 | トップページ | 下手な弁護士が蓮舫に憑いている »