« どこまで続く翁長氏の二枚舌 | トップページ | 小池氏の風を背にする鳩ぽっぽ »

年金でマイナンバーがまず漏れる

年金機構、マイナンバー導入
月内決定、年明け開始

 政府が、125万件の個人情報を流出させた問題で凍結していた日本年金機構によるマイナンバー(個人番号)の利用を認める方針を固めたことが6日分かった。今月中に閣議決定し、利用を正式に認める。年金機構は年内に基礎年金番号とマイナンバーを結びつける作業を進め、来年1月から業務で取り扱う。
 機構は問題発覚後、再発防止のため情報管理を強化。監督官庁の厚生労働省などが「謹慎」終了が可能だと判断した。
 一方、マイナンバー制度を通じて年金機構と他の行政機関の情報を連携させるシステムの稼働は、開発計画の遅延で2018年3月にずれ込む見通しとなった。(以上(共同通信2016/10/7 02:00)より引用)
http://this.kiji.is/156808511424677364?c=39546741839462401

 日本年金機構が、年金のマイナンバーを使うことになりそうだ。
 前身の社会保険庁時代、とんでもない仕事をやって、個人情報は漏らすは、ちゃんと番号管理もできなくて、民主三バカ政権時代に長妻昭が3000億円もの税金を垂れ流して年金番号の一元化をやったが、豊洲問題と同じで、誰一人として責任を問われた者はいない。そんな日本年金機構にマイナンバーを扱わせると言うことは、キチガイに刃物と言っても過言ではない。間違いなくマイナンバーの情報を漏らして、尻ぬぐいに税金が使われるだけだ。
 日本年金機構がマイナンバーを扱うに当たって、誰がどのような責任を取るか事前に公表するべきだ。(No.4965-3)

|

« どこまで続く翁長氏の二枚舌 | トップページ | 小池氏の風を背にする鳩ぽっぽ »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

年金」カテゴリの記事

独立行政法人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64326866

この記事へのトラックバック一覧です: 年金でマイナンバーがまず漏れる:

« どこまで続く翁長氏の二枚舌 | トップページ | 小池氏の風を背にする鳩ぽっぽ »