« ダンプまで国が悪いと売国紙 | トップページ | 政界に河野親子など要らぬ »

往生際の悪さはやはり中国人

二重国籍「選択義務履行までは法違反」…法相
 金田法相は18日午前の閣議後の記者会見で「一般論として、(国籍選択義務の)期限後に義務を履行したとしても、それまでの間は国籍法上の義務には違反していたことになる」と述べた。
 国籍法は、二重国籍者は原則22歳までに日本国籍か外国籍かを選択するよう義務づけている。民進党の蓮舫代表は、日本国籍の選択宣言を今月7日に行ったことを明らかにしていて、国籍法の義務を履行していなかったことが指摘されていた。(以上(読売新聞2016年10月18日11時19分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161018-OYT1T50049.html

 法務省から「無罪証明」を貰ったとほざく蓮舫が、戸籍法上の義務違反だと金田法相が述べた。
 二転三転どころか、四転五転以上の言い訳の嘘を積み重ねた「違法ハーフ」蓮舫が未だに民進党代表というよりは、国会議員にしがみついていることに疑問を感じる。もし、これが日本人なら潔く議員辞職を済ませていることだろう。やはり、一滴も日本人の血の混ざっていない中国人の蓮舫からすれば、ガソリーヌ山尾と同じように、世論を無視していればその内忘れ去られるぐらいに日本人をバカにしているのだろう。国籍法に罰則規定が無いとは言え、道義的責任を取って辞任するのが筋だが、中国人の思考回路には、日本の筋論も理解出来ないようだ。このような輩が国会質疑にでてくるとは厚顔無恥も甚だしい。
 蓮舫は参院選時に日本国籍の宣誓もしていなかったのだから、サッサと議員辞職をするべきだ。(No.4974)

|

« ダンプまで国が悪いと売国紙 | トップページ | 政界に河野親子など要らぬ »

中国」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64369342

この記事へのトラックバック一覧です: 往生際の悪さはやはり中国人:

« ダンプまで国が悪いと売国紙 | トップページ | 政界に河野親子など要らぬ »