« 排除より逮捕をすれば済む話 | トップページ | 飛行機にサムスン製は危険物 »

電話拒否して翁長がほざく

沖縄・翁長雄志知事「裏切り」と曲解発言 墜落事故後の飛行再開で
 在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官は5日、米軍キャンプ瑞慶覧(ずけらん)(沖縄県沖縄市など)で記者会見し、沖縄本島沖で起きた攻撃機AV8ハリアー墜落事故で中止していた同型機の飛行を7日以降に再開すると表明した。「安全に飛行ができると自信を持って判断した」と述べた。
 翁長雄志(おなが・たけし)知事は事故原因が特定されていない段階での飛行再開に「裏切られた」と批判したが、海兵隊は事前に「原因特定を待たずに飛行を再開することはあり得る」と県に明確に伝えていたことが判明した。
 複数の日米関係筋によると、安慶田(あげだ)光男副知事が9月23日、キャンプ瑞慶覧に抗議に訪れた際、海兵隊幹部が原因特定前の飛行再開の可能性を伝えており、翁長氏の批判は「反基地で攻勢を強めるため曲解して発言する常套(じょうとう)手段」(日米関係筋)と指摘されている。(以上(産経ニュース2016.10.5 23:17)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161005/plt1610050046-n1.html

 米軍司令官が事前に翁長雄志に説明の電話を掛けたが、翁長が拒否し「裏切り」だとほざいたそうだ。
 在日米軍は、事前に沖縄県に対して伝達していたことだが、翁長雄志にとっては、鬼の首を取ったような気になるのだろう。この記事は産経新聞の記事だが、偏向新聞・沖縄タイムスと琉球新報なら、全て在日米軍が悪いと言う記事に仕上げることだろう。米軍が原因特定を待たずに飛行再開と言っていることに対して、悪意ある翁長雄志が噛みついているが、それならば、南朝鮮のアシアナ航空はどうなのだと言いたい。昨年、広島空港で着陸失敗して着陸誘導装置をぶっ壊したが、原因究明も弁償もせずに、今日も空を飛ばしているではないか?民間機なら良くて、軍用機なら悪いと言う翁長の偏向自体が大問題なのだ。
 翁長雄志は、台風被害で自衛隊ヘリを要請して、都合の良い時には利用すると言うピーズボートみたいな奴だ。(No.4961-2)

|

« 排除より逮捕をすれば済む話 | トップページ | 飛行機にサムスン製は危険物 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64307519

この記事へのトラックバック一覧です: 電話拒否して翁長がほざく:

« 排除より逮捕をすれば済む話 | トップページ | 飛行機にサムスン製は危険物 »