« 民進に共産票が入らない | トップページ | 違法取材の続く琉球新報社 »

原発で民進党がもう矛盾

民進党、「2030年代に原発ゼロ」の工程表策定へ
 民進党のエネルギー環境調査会は26日、「2030年代に原発ゼロ」の実現に向けた工程表作りに着手した。次期衆院選の政権公約作りもにらみ、原発政策について党の考え方もまとめる方針。党は、国の原子力規制委員会が安全を確認した原発の再稼働を認める立場だが、玄葉光一郎会長は「(電力の)安定供給を実現しながら現実的なプロセスをつくりたい」と述べた。(以上(産経ニュース2016.10.26 22:18)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161026/plt1610260035-n1.html

 民進党が原発ゼロへの工程表を作るそうだが、国の原子力規制委員会が安全を確認した原発の再稼働を認めると言いながら新潟県知事選では脱原発派を応援した。
 民進党は、ブーメランの得意な政党なので、ほざいていることに一貫性がない。やっていることは、何でも反対党の社民党と同じだと言うことにさえ気づいていない。取り敢えず選挙に勝てそうな候補に相乗りするというだけの無節操だ。民進党党内ですら、脱原発派から原発推進派まで存在しているのだから、工程表がどこまでできるかも定かではない。
 民進党は日和見主義を止めるべきだ。(No.4982)

|

« 民進に共産票が入らない | トップページ | 違法取材の続く琉球新報社 »

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64405315

この記事へのトラックバック一覧です: 原発で民進党がもう矛盾:

« 民進に共産票が入らない | トップページ | 違法取材の続く琉球新報社 »