« サムスンは時限爆弾ですチャイナ | トップページ | 排除より自称市民には射殺 »

韓国にソフトバンクが投資する

朴大統領に会った孫正義氏「韓国に4600億円投資」
  ソフトバンクグループの孫正義会長は30日、朴槿恵(パク・クネ)大統領に会い、「今後10年以内にモノのインターネット(IoT)、インターネット、人工知能(AI)、モバイル、スマートロボット、電力分野で5兆ウォン(約4600億円)を韓国に投資する」という計画を明らかにした。
  訪韓中の孫会長はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)を訪問し、「韓国の『半導体ファンド』が投資した企業にソフトバンクが共同投資したり海外進出パートナーシップを通じて連係投資する」とし「スマートフォンの97%が最近ソフトバンクが買収したARMの半導体設計を使用しているが、今後のIoT時代にはさまざまな分野に特化した半導体が必要であるため、韓国ベンチャー企業との協業が必要だ」と述べた。
  これに対し朴大統領は「韓国は世界最高水準のICT技術力と製造業を保有し、ソフトバンクグループとシナジーを出すことができるだろう」と述べた。また朴大統領は孫会長の「アジアスーパーグリッド構想」(モンゴル砂漠で風力・太陽光から電力を生産してアジア各国に供給)について「北東アジアの国を電力網に連結すれば域内の平和にも大きく役立つはず」とし「この構想を実現するにはエネルギー貯蔵システム(ESS)、スマートグリッド分野との協力が必須であり、力がある韓国企業に特に関心を持って投資してほしい」と要請した。(以上(2016年10月01日10時26分[(c)中央日報/中央日報日本語版] より引用)
http://japanese.joins.com/article/311/221311.html

 ソフトバンクの孫正義が、朴槿恵の糞ババアと会って南朝鮮に5兆ウォンの投資をするとほざいた。
 結局は、ソフトバンクが日本で稼いだ金を南朝鮮につぎ込むという構図は、丁度、ロッテがやったことと同じことだ。朴槿恵の糞ババアとしては、韓進は沈没するは、サムスンは火を噴くはで、何一つ良いことのない南朝鮮経済の起爆剤ぐらいに思っているのだろう。日本企業ならば、南朝鮮企業との協業などは、南朝鮮の経済沈没の煽りを食らうだけだから、止めた方が正しい経営判断だろう。まあ、朝鮮人の孫正義だから好きにすれば良いが、ソフトバンクへの日本の金の流入を止めるには、ソフトバンクを使わなくすれば良いだけだ。何と言っても、データセンターが南朝鮮にあるのだから、個人情報から全ての情報が南朝鮮にズダ漏れになっていると考えた方が良いだろう。
 南朝鮮に日本の金を横流がししているソフトバンクをあなたは使い続けますか?(No.4957)

|

« サムスンは時限爆弾ですチャイナ | トップページ | 排除より自称市民には射殺 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64287222

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国にソフトバンクが投資する:

« サムスンは時限爆弾ですチャイナ | トップページ | 排除より自称市民には射殺 »