« 蓮舫が敵に回したのは労組 | トップページ | 蓮舫は許しただろか自民なら »

下手な弁護士が蓮舫に憑いている

台湾政府の許可証受理せず=蓮舫氏の手続き不備か-金田法相
 金田勝年法相は14日の記者会見で、民進党の蓮舫代表が「二重国籍」解消のために行ったとしている手続きに関し、「一般論として、台湾当局が発行した外国国籍喪失届(国籍喪失許可証)は受理していない」と指摘した。
 蓮舫氏は13日の会見で「戸籍法106条にのっとって適正に手続きしている」と説明している。106条では、二重国籍を持つ人が相手国の発行した国籍喪失許可証を提出すれば二重国籍を解消することができるが、日本政府は台湾を正式な政府として認めておらず、許可証を受理していない。
 許可証が受理できない場合は、同104条に基づき、日本国籍だけを所有する意思を宣誓する「国籍選択宣言」を日本政府に提出する必要がある。法務省は台湾籍を離脱する場合、同宣言の提出を求めている。
 国籍選択の宣言をすれば、手続きした日付が戸籍に明記されるが、蓮舫氏は戸籍謄本の公開に応じていない。蓮舫氏の事務所は「本人がいないので分からない」としている。(以上(時事ドットコム2016/10/14-18:31)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101400770&g=soc

 金田勝年法相が一般論として、蓮舫の外国国籍喪失届は受理していないと指摘した。
 要するに、蓮舫が「戸籍法106条にのっとって適正に手続きをしている」という根拠自体が間違っており、台湾は国家として日本が認めていないので、戸籍法104条に基づき手続きを行わなければならないのだ。このようなことも知らない民進党が、一般国民に対しては「法的措置」と脅迫しているのだから、既に民進党は中国共産党以上の恐怖政治を敷こうとしている意志が判る。国会はサッサと維新の出した「二重国籍禁止法」を可決成立、即日施行して、蓮舫が戸籍法104条に従った手続きを取る前に同法を有効にするべきだ。
 いくら蓮舫に証明をと言っても出せないのは当然なのだが、それにしても民進党には多くの弁護士がいるが使えないらしい。(No.4970-3)

|

« 蓮舫が敵に回したのは労組 | トップページ | 蓮舫は許しただろか自民なら »

川柳」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64351858

この記事へのトラックバック一覧です: 下手な弁護士が蓮舫に憑いている:

« 蓮舫が敵に回したのは労組 | トップページ | 蓮舫は許しただろか自民なら »