« 何でも反対と新潟の沖縄化 | トップページ | 韓国へ誘導したいのが朝日 »

こら!翁長カネを揃えて待っておれ

沖縄県が損害賠償対応を検討 辺野古訴訟敗訴を受け
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設をめぐる国との訴訟が高裁で敗訴したことを受け、県側で国から損害賠償を求められた場合の対応策が検討課題に浮上していることが13日、分かった。辺野古の移設作業中断に伴う損害額は1日当たり約2千万円に上っていた時期があり、この期間だけの累計で数億円規模におよぶ可能性がある。翁長雄志(おなが・たけし)知事は移設に抵抗する構えだが、今後の判断に影響を与えそうだ。
 翁長氏が辺野古の埋め立て承認を取り消してから13日で1年。翁長氏が承認取り消しの撤回に応じないのは違法として国が起こした訴訟は先月16日、福岡高裁那覇支部が国側全面勝訴の判決を言い渡し、県は最高裁に上告している。
 翁長氏が承認を取り消した際、防衛省は辺野古沖での移設作業中断に追い込まれた。契約していた機材などを使用できなくなり、損害額は1日平均で約2千万円と見積もられていた。2週間後に取り消しの効力を停止させ作業を再開したが、今年3月に県との和解で作業は再び中断し半年以上がたつ。
 国は訴訟の中で埋め立て工事のために1293億円分の契約を交わし、うち約577億円を支払ったことを明らかにした。承認取り消しで「577億円は無駄金となり、国民がその負担を背負う」とも主張した。
 翁長氏には承認を無効化するにあたり、取り消しと撤回の2つの選択肢から取り消しを選んだ。取り消しは前知事の承認が違法と判断した上での措置だが、撤回はその後の政治判断で承認の効力を失わせるもので、より損害賠償を求められるリスクが高い。最高裁で敗訴が確定した場合、翁長氏は撤回に踏み切る考えを示唆しているが、「賠償責任はさらに強まる」(県幹部)と指摘される。(以上(産経ニュース2016.10.14 01:36更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161014/plt1610140005-n1.html

 普天間基地の移設問題で高裁で負けた沖縄県が、作業中断による損害額を計算しているそうだ。
 既に、訴訟で政府は、翁長雄志の承認取り消しで、577億円が無駄になっていると公表しており、これを国民負担にされては堪らない。是非とも、翁長雄志と「オール沖縄」で負担するべきだ。そもそも、福島瑞穂のいる社民党がバックにいるのだから、解決策など何も考えていないが、とにかく反対なのだから、その代償を支払うのは当然だ。翁長雄志は、最高裁判決で負けても、まだ邪魔をする方策を考えているらしいが、その前に、国が翁長雄志を相手取って損害賠償請求訴訟を起こすことに意義がある。また、辺野古のゲート前で邪魔をしている輩の顔写真と身元は分かっているのだから、そいつ等とその背後にいる組織も一緒に弁償させるべきだ。
 翁長雄志は、辺野古移転の邪魔をした代償の約600億円を耳を揃えて待っているが良い!(No.4972-3)

|

« 何でも反対と新潟の沖縄化 | トップページ | 韓国へ誘導したいのが朝日 »

中国」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64361659

この記事へのトラックバック一覧です: こら!翁長カネを揃えて待っておれ:

« 何でも反対と新潟の沖縄化 | トップページ | 韓国へ誘導したいのが朝日 »