« 下手に出てもスワップなどはお・こ・と・わ・り | トップページ | 邪魔すれば新聞記者も排除する »

民進の質問時間などは無駄

「厚労相を呼ぶのが当たり前!」安倍晋三首相、民進党にイライラ爆発 山尾志桜里氏の「前置き長い」にキレる
 安倍晋三首相が12日の衆院予算委員会を舞台にした年金改革をめぐる論戦で、担当する塩崎恭久厚生労働相の出席を要求せず、首相に照準を絞って答弁を求める民進党に対し、イライラを爆発させる一幕があった。首相は「深掘りの議論をしたいなら厚労相を呼ぶのが当たり前だ」と繰り返す一方で、「年金改革は世代間の不公平を是正するのが目的だ」と厚労相ばりの答弁で意義を強調。さながら「首相兼厚労相」の様相だった。
 論戦のやり玉にあがったのは、賃金が物価より下がった場合に年金額を引き下げるなど新たな制度を盛り込んだ年金制度改革関連法案。「年金カット法案」と批判する民進党の玉木雄一郎氏は「年金が減る可能性があるなら、試算を出して国民に理解を求めることが必要だ」と訴え、首相に答弁を求めた。
 これに対し、首相は「試算を出すかどうかは、厚労相に聞いてほしい。なんで厚労相を呼ばないのか理解できない」と不快感を示しながらも、身ぶり手ぶりで質問に答えた。
 だが、複雑な仕組みで専門性も求められる年金制度改革。答弁に納得しない玉木氏が「首相が年金に理解がないということがよく分かりました」と皮肉ると、首相の我慢も限界に達したのか、色をなして反論した。
 「私が『年金制度に詳しくない』というなら、厚労相を呼んでください。われわれも野党の時、深い議論をしようと思うなら担当閣僚を呼んでいましたよ!」
 首相のいらだちには伏線があった。玉木氏に先立って質問した民進党の山尾志桜里氏も待機児童問題を追及したが、所管の塩崎厚労相の出席を求めなかったからだ。“厚労相”として答弁せざるを得ない首相は「厚労相なら簡潔にお答えできるが、私ですとちょっと長くなりますが…」と前置きし、あえて答弁。だが、山尾氏から「前置きが長すぎて、自民党からも笑いが起きている」「『百の言葉より一の結果』です」と皮肉を浴びせられ、イライラに火がついたようだ。
 一方、塩崎氏は民進党の質問後に衆院予算委が行われている第1委員室に登場。すると首相は、その後の日本維新の会から出た社会保障に関する質問に対し「厚労相を呼んでいただき、ありがとうございました」と述べ、安堵の表情を浮かべながら、民進党を当てこすった。(以上(産経ニュース2016.10.12 20:34)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161012/plt1610120033-n1.html

 民進党が年金問題で厚労相を呼ばず安倍総理に当てこすりをしている。
 民進党が本気で質疑をするのであれば、専門家である厚労相を予算委員会に呼ぶのが筋だろう。それをせずに、総理に専門的なことを聞いて失言を引き出したいというのが民進党の低レベルの本音だろう。総理が全てを把握しているのであれば、大臣など不要で総理大臣だけで済むのだ。それぞれ専門に担当している大臣を置いていることを考えれば、本当に質疑をしたいのならば、担当の大臣に質疑をぶつけて、より審議を深めるのが国会議員の仕事だろう。しかし、専門家の担当大臣に答えられたら、民進党のオツムでは二の矢が出せない程度の脳みその輩の集まりなのだ。それを端的に表しているのが、民進党議員は、自分の昔の発言を忘れて、政府与党に言い寄るというのだから、民進党議員の頭のメモリーは皆無なのだ。まして、ガソリーヌ山尾など、地球5周分のガソリン代の使い道を弁護士に丸投げしたままで説明責任も果たしていないのだから、国会で質疑に立つ資格などないのだ。本当に民進党の質疑は、小学校の学級会レベルよりも程度が低いという認識を蓮舫と野田豚は持つべきだ。どこが提案なのかハッキリさせるべきだ。
 民進党は、いやしくも国の税金で歳費を貰っていると言う認識を持って、国のための政治をするべきだ。まあ、蓮舫なら中国のためだろう。(No.4968)

|

« 下手に出てもスワップなどはお・こ・と・わ・り | トップページ | 邪魔すれば新聞記者も排除する »

売国奴」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64341734

この記事へのトラックバック一覧です: 民進の質問時間などは無駄:

« 下手に出てもスワップなどはお・こ・と・わ・り | トップページ | 邪魔すれば新聞記者も排除する »