« 蓮舫でおもろくなった永田町 | トップページ | 永田町脱法ハーフなら良いの? »

早ければ早いで文句沖縄紙

嘉手納基地の新格納庫、使用開始か 海軍機が入る
 【中部】米軍嘉手納基地の嘉手納町屋良地区沿いにあって周辺住民に騒音や排ガスなどの被害を与えている「海軍駐機場」の移転先として工事が進められていた沖縄市側の格納庫に15日午後4時すぎ、同基地所属で米海軍のP8対潜哨戒機が入った。初の使用とみられる。
 嘉手納町は「海軍駐機場」の早期移転を求めており、沖縄防衛局からは新たな格納庫の完成時期は2017年3月と説明を受けていた。
 町基地渉外課は初使用の事実関係は未確認としながらも「屋良地区は数十年にわたって騒音や悪臭の被害を受けてきたが、移転が実現すればかなり軽減できるのではないか」と期待を示した。(以上(沖縄タイムス2016年9月16日08:39)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/62367

 嘉手納飛行場の新格納庫を米軍が使用を始めたと偏向新聞・沖縄タイムスが報じた。
 当初の予定だと、来年3月から共用の予定だったがそれが早まっただけの話だが、まるで、沖縄タイムスの記事では、嘉手納町を騙したかの如くの記事の書き様だ。これでも分かるように、日本政府は沖縄県の負担の軽減に対して真摯に取り組んでおり、前倒し出来ることは前倒ししているのだ。それを邪魔するのが、朝鮮人をトップに据えた地元住民のほとんど参加していない自称市民の妨害工作と偏向新聞・沖縄タイムスと琉球新報の偏向報道だ。
 左巻き集団が邪魔さえしなければ、沖縄の負担軽減は予定通り以上に進むのだ。遅らせているのは翁長雄志とその仲間達だ。(No.4941)

|

« 蓮舫でおもろくなった永田町 | トップページ | 永田町脱法ハーフなら良いの? »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64210620

この記事へのトラックバック一覧です: 早ければ早いで文句沖縄紙:

« 蓮舫でおもろくなった永田町 | トップページ | 永田町脱法ハーフなら良いの? »