« 蓮舫は経済破綻させたそう | トップページ | 豊洲での共産党の空回り »

裁判で負けた翁長の違法性

辺野古移設、沖縄県が敗訴 翁長雄志知事の対応「違法」 福岡高裁支部が初判断
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、沿岸部の埋め立て承認を取り消した処分を翁長雄志知事が撤回しないのは違法だとして、国が知事を相手取り起こした訴訟で、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は16日、知事の対応を「違法」と判断し、県側敗訴の判決を言い渡した。
 国と県が対立する普天間問題で初の司法判断となり、今後の議論に大きく影響するのは必至だ。訴訟は最高裁まで争われる見通しで、早ければ年度内にも判決が確定する。双方は確定判決に従うことを確認しているが、知事は今後、別の対抗策を講じる構えだ。
 訴訟で国側は、市街地の中心にある普天間飛行場の危険を除くため、辺野古の埋め立ては必要だと強調。取り消し処分により「平成8年の普天間返還合意以来、日米間で築いた信頼関係が崩れ、外交、防衛上の不利益が生じる」と主張していた。(以上(産経ニュース2016.9.16 14:07)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/160916/afr1609160018-n1.html

 辺野古移設で国と沖縄県が争った高裁裁判で、見事に翁長雄志の言い分が蹴られた。
 当然のことだし、仲井真前知事が承認したのをいちゃもんを付けて、長々と辺野古移設を引き伸ばしているだけのことだ。そのくせして、翁長雄志は、基地の返還もされないのに沖縄振興費だけは、予定通り欲しいなどとほざくのだから、根性が腐っているとしか言いようがない。最高裁では、高裁判決が覆るようなことが無い限り、書類審査だけだから、翁長雄志のパフォーマンスを出す場すらないのだ。
 「法定受託事務」は、国が地方自治体に委託している事務だから、沖縄県だけ取り上げれば済むのではないか?(No.4942)

|

« 蓮舫は経済破綻させたそう | トップページ | 豊洲での共産党の空回り »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64214488

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判で負けた翁長の違法性:

« 蓮舫は経済破綻させたそう | トップページ | 豊洲での共産党の空回り »