« 自民党付ける薬のない都連 | トップページ | スケジュールない県政をする翁長 »

蓮舫のバックが野田じゃもう終わり

政権崩壊の“A級戦犯” 野田幹事長起用で民進党は消滅必至
 この党はもう終わったんじゃないか――。新体制をスタートさせた民進党が初っぱなの蓮舫人事で大モメしている。民主党政権を崩壊させた“A級戦犯”の野田前首相を幹事長に起用したものだから、不満が噴出。挙党一致で党勢回復どころか、四分五裂は必至だ。
 新人事の承認を求めた16日の両院議員総会はガラガラ。全議員の半分にも満たない60人しか集まらなかった。反発した議員がボイコットしたからだ。
「演台に近い前列は空席だらけ。出席議員の一部は〈これで成立するの?〉と文句タラタラだった。野田さんがマイクの前に立つと、野党転落の総括を求める声が上がり、会場がザワつきました」(民進担当記者)
 野田氏は「幹事長人事が進まないと、他の人事が先に行けないという話もあった」と収めるのがやっとだった。
 旧民主出身者の野田氏に対する恨みつらみは根深い。それも当然で、官僚に取り込まれ、自公に乗せられ、公約違反の消費増税を3党合意。反対する小沢一郎グループを追い出し、果ては安倍総裁(当時)に「約束ですね」と迫られて衆院解散を断行し、173人を落選させる大惨敗を喫した。
「また表舞台に出てくるなんて、いまだに国会に戻れない仲間のことをどう思っているのか。時計の針が2回り戻った感じです。これじゃあ党刷新どころか、先祖返り」(中堅議員)
「野田さんを見ると、あの忌まわしい記憶がよみがえるし、負の遺産だと思っている人は少なくありません」(若手議員)
 引退か蟄居すべき人物を登用する蓮舫氏のセンスのなさにはア然とする。
「党内基盤が弱い蓮舫さんが信用しているのは、師匠の野田さんくらい。自分は発信に徹して、党運営は野田さんに全権委任するということでしょう」(別の中堅議員)
 これで党内はガタガタだ。政治アナリストの伊藤惇夫氏は言う。
「蓮舫代表は党運営の経験がなく、自信がない。それでマサカの人事になったのでしょう。内ゲバが続けば、今度こそ有権者に見放されます」
 それが狙いなのか。蓮舫・野田コンビはあえて党消滅を誘発しようとしているとしか思えない。(以上(日刊ゲンダイ2016年9月18日)より引用)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190136

 「脱法ハーフ」蓮舫が民進党代表になって、サプライズ人事として幹事長に野田豚を据えた。
 民進党内の旧民主党議員から大ブーイングだが、これほどKYな人事は「脱法ハーフ」蓮舫でなければできないだろう。何と言っても、消費税8%増税の張本人なのだから、もし、アベノミクスで経済が良くなっておらず、野田豚政権が続いていたとすれば、既に日本経済が死んでいることは間違いない。「脱法ハーフ」の蓮舫はバカだから、野田豚の言いなりに動くことは見えている。そうなれば、民進党が分裂するのも時間の問題だろう。ニセ維新の松野頼久と江田憲司らがいつ逃げ出すかが見ものになってくる。特に、江田憲司は代表代行らしいから、どうやって泥舟民進党から逃げ出すのか、それしか興味がない。
 それでも、蓮舫が野田豚を幹事長に据えたと言うことは、蓮舫に人脈が欠如しているということだろう。(No.4943-3)

|

« 自民党付ける薬のない都連 | トップページ | スケジュールない県政をする翁長 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64220934

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫のバックが野田じゃもう終わり:

« 自民党付ける薬のない都連 | トップページ | スケジュールない県政をする翁長 »