« 犯罪者に弁償してる沖縄署 | トップページ | 無免許と判断すれば済む話 »

蓮舫は決して出さぬ証明書

蓮舫代表代行「18歳で日本人を選んだ」二重国籍疑惑を否定
 民進党の蓮舫代表代行は3日午前の読売テレビ番組で、司会者から台湾と日本との「二重国籍」を疑う指摘があることを問われ、「台湾籍を抜いている」と述べ否定した。
 蓮舫氏は「私は生まれたときから日本人だ」と説明。「高校3年で、18歳で日本人を選んだ」と述べた。また、「今、そういううさわが流布されるのは正直悲しい」とも語った。(以上(産経ニュース2016.9.3 11:04)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160903/plt1609030015-n1.html

 民進党の蓮舫がテレビ番組で二重国籍問題で「台湾籍を抜いている」とほざいたそうだ。
 蓮舫がいくら言い訳をしようとも、信じるに値しないと国民が考えていることさえ分からない単細胞だ。ここまで、話がこじれているのだから、それなりの証明を自らするしかないだろう。それも分からず「私は日本人だ」とほざいても、負け犬の遠吠えとしか聞こえない。うわさの流布が「悲しい」のならば、それをはね除けるために自らうわさを否定するだけの証明をしなければ、通用しないことすら蓮舫の単細胞の脳みそでは分からないようだ。
 それならば、蓮舫は不要な部分にモザイクを掛けて貰って日本のパスポートなりの証明書を公表するべきだ。(No.4928-2)

|

« 犯罪者に弁償してる沖縄署 | トップページ | 無免許と判断すれば済む話 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64150764

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫は決して出さぬ証明書:

« 犯罪者に弁償してる沖縄署 | トップページ | 無免許と判断すれば済む話 »