« 運搬に自称市民が邪魔をする | トップページ | 市民と言うが日本国籍など持たぬ »

NHKネット配信せねば済む

「NHK、ネット配信でも受信料」 経営委員長が発言
 NHKの石原進経営委員長は13日、将来的にテレビ放送をインターネットで同時に見られるようにする方針を示し、「公共放送を維持していくためには、ネット配信であっても何らかの受信料をいただく必要がある」と述べた。実現すれば、放送を受信できない世帯からも受信料を徴収することになる。
 経営委員会後の会見で述べた。同時送信を始める時期は明らかにしなかった。NHKは、現段階で番組のネット同時送信に試験的に取り組んでいる。災害時などに報道番組を同時送信しているほか、2015年からはスポーツなど一般の番組の一部を同時送信して、技術面の課題や視聴者の反応を調べている。
 放送法では、受信契約を結ぶ義務があるのは「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者」となっている。ネット送信は放送ではなく通信にあたるため、NHKがネットのみで番組を見る人から受信料を取るには法改正が必要になる。総務省幹部は「ネット同時送信は世界の流れ。負担の公平性を考えれば、ネット利用者にも一定の負担を求めるべきだ」と将来的な法改正に肯定的だ。(上栗崇)(以上(朝日デジタル2016年9月13日22時55分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJ9F63XTJ9FULFA03K.html

 NHKがネット配信を勝手にやると決めて、ネットに繋がったPC等からも受信料を搾取する気満々だ。
 ネット送信は、放送ではなく通信になるのだから、放送法で守られているNHKのおかしい権利をそのまま延長することはない。まして、NHKがネット配信などやらなければ、済む話であって、受信料を取りたいがためのまやかしに過ぎない。もう、日本全国津々浦々、テレビの見れない地域は無いのだから、NHKの受信料徴集の意義もなくなっている。今は、視聴者が見たい番組をカネを出しても見る時代に変わっているのだから、NHKも受信料を払わない人にはスクランブルを掛けて、見せなくすれば良いのだ。そうすると、誰も受信料を払わなくなるから、NHKはそれをしないのだ。それだけ、NHKは受信料を支払ってまで見る価値のある番組を作っていないという自覚もあるのだ。それゆえに、ネットにまで受信料を吹っかけようと考えているのだ。ネットならば、パスワード管理して、見たい人から徴収すれば済む話だ。自分たちが、超高給を維持するためには、見ない人からも受信料を搾取しないと成り立たないと言うだけの話だ。
 NHKは公共放送に特化して、一切通信部門には手を出さず、放送でできる範囲をやれば良いのだ。(No.4939)

|

« 運搬に自称市民が邪魔をする | トップページ | 市民と言うが日本国籍など持たぬ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64201803

この記事へのトラックバック一覧です: NHKネット配信せねば済む:

« 運搬に自称市民が邪魔をする | トップページ | 市民と言うが日本国籍など持たぬ »