« 慰安婦でもうお代わりと言うコリア | トップページ | JA潰せばTPPも怖くない »

基地内の自称市民は撃ち殺せ

基地内での抗議逮捕へ 政府、刑特法適用を検討
 米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事で、工事に反対する市民が同訓練場内に入って抗議をしたり、工事による環境への影響を調査したりしていることに対し、政府が近く刑事特別法を適用し、逮捕する方向で調整していることが分かった。複数の政府関係者が明らかにした。
 米軍からも施設の保安を理由に、日本側に強い対応を求められているという。県警が米軍基地内で警察権を行使するには複雑な手続きが必要となるため、基地従業員の警備員や沖縄防衛局職員らを要員に充てる方針。
 ヘリパッド移設工事を巡っては、基地前のゲート前で市民が抗議活動をしていることから、政府は北部訓練場内に新たに土砂運搬道路を建設するなど抗議活動を避ける手法で工事を進めている。(以上(琉球新報2016年9月29日06:30)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-366092.html

 沖縄のヘリパッド移設工事で、工事に反対する自称市民を逮捕するために特措法を検討中だ。
 しかし、左巻き連中の機関誌である琉球新報としては、面白くないのだろうが、そもそも、米軍基地内に入り込んでいる自称市民が悪いのだ。基地外でも十分公務執行妨害、道路交通法違反でもいくらでも逮捕する法律はあったのに、復習を怖れた沖縄県警が仕事をしないから、どんどん自称市民がエスカレートしたのだ。
 米軍基地内に入った自称市民は、米軍によって撃ち殺して貰うのが一番手っ取り早い方法だ。そうすれば二度と邪魔はできない。(No.4955-3)

|

« 慰安婦でもうお代わりと言うコリア | トップページ | JA潰せばTPPも怖くない »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64279271

この記事へのトラックバック一覧です: 基地内の自称市民は撃ち殺せ:

« 慰安婦でもうお代わりと言うコリア | トップページ | JA潰せばTPPも怖くない »