« 沖縄にしっかり釘を刺す鶴保 | トップページ | 沖縄を県外者が掻き回す »

結局は責任取らぬ公務員

発注時の市場長「仕様書読まず決裁印」 盛り土行う認識、歴代4人も同じ見解
 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の主要施設下で盛り土が行われていなかった問題で、都の元中央卸売市場長、岡田至(いたる)氏(64)が20日、産経新聞の取材に応じ、平成23年に建物下に盛り土をしない土壌汚染対策工事の発注仕様書を決裁したことを認めた。岡田氏は「中身を読まないまま押印した。盛り土をしないという内容とは思わなかった」と述べた。担当部署のトップが重要事項を把握しないまま、工事の発注を指示していたことになり、都の管理態勢の不備が問われそうだ。
 また、汚染対策に関わった岡田氏を含む19年以降の歴代市場長5人が都の調査に対し、「(建物下に)盛り土をしないとの認識はなかった」などと説明していることも都への取材で判明した。
 岡田氏は取材に対し「盛り土は専門家会議の提言通り、敷地全域に行うという認識だった」と説明。当時の部下から地下空洞を設けるとの報告はなかったといい「小池百合子知事の会見で、盛り土がないことを初めて知った。『嘘だろう』と思った」と述べた。一方、「お前の責任だろうといわれれば、『その通りです』としかいいようがない」と述べ、自らの責任を認めた。
 都によると、岡田氏が決裁した仕様書には、高さ4・5メートルの盛り土をする範囲について「新市場予定地における施設建築物の建設エリア以外」と記載されており、同年7月15日に業者向けに内容を公表。一般競争入札にかけられ、8月29日に落札業者が決まった。
 都は19日に岡田氏から事情を聴取。20日までに、過去の担当副知事や市場長らに対する聞き取りの大半を終えており、週内にも小池知事に判明した経緯を報告する。(以上(産経ニュース2016.9.21 07:14更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160921/plt1609210005-n1.html

 豊洲市場の発注時の市場長が仕様書を読まずに決済印を押したと証言した。
 しかし、仕様書を読もうが読むまいが決済印を押したことには変わりがない。それが責任というものだ。しかし、お役所では、ヒラからトップまで誰が決めたかハンコの羅列がなされているのだが、いざ、責任となると全員が責任転嫁して、そのツケは住民の税金で賄われることになる。それを許してはならないのだ。連帯責任を取らせるべき内容なのだ。
 市場長に限らず決裁書にハンコをついているヒラから市場長までの連帯責任として、この問題の責任を取らせるべきだ。(No.4946)

|

« 沖縄にしっかり釘を刺す鶴保 | トップページ | 沖縄を県外者が掻き回す »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64234470

この記事へのトラックバック一覧です: 結局は責任取らぬ公務員:

« 沖縄にしっかり釘を刺す鶴保 | トップページ | 沖縄を県外者が掻き回す »