« 結局は責任取らぬ公務員 | トップページ | 共産党中国のためなど言わぬ »

沖縄を県外者が掻き回す

<米軍ヘリパッド>沖縄県外の若者らが緊急行動 建設阻止へ環境団体とも連携
 沖縄県東村高江周辺での米軍ヘリパッド建設に反対する県外の若者有志の会「ヘリパッド建設に反対する緊急行動」と環境・人権団体の代表者らによる共同記者会見が21日、参院議員会館であった。
 有志の会は、高江での現地行動に参加した京都造形美術大学院生の早瀬道生さん(24)の呼び掛けに応じた、宜野湾市出身で国際基督教大4年の元山仁士郎さん(24)、三重県在住のアルバイト、岡歩美さん(25)らを中心に約40人で結成。メンバーの現地派遣やブログなどでの情報発信、都内などでの街宣活動などを通して、「本土では報道されることが少ない政府による理不尽な基地建設を多くの人に知ってもらい、阻止につなげたい」(元山さん)。早瀬さんも「県道を歩いているだけで機動隊に包囲され、人権侵害だ」と批判した。その上で「沖縄で起きていることは日本全体の問題で、私たち自身の問題だ。日米安保のために沖縄に過剰な負担を強いているのは沖縄以外の都道府県に生きる私たちで、私たちには行動する責任がある」との声明を発表した。
 会見には、国際環境NGO「グリーンピース・ジャパン」や環境保護団体「FoEジャパン」、人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」の代表者らも参加。幅広い観点で地元住民や若者グループらと連携し、ヘリパッド建設阻止に向けた活動を展開するとした。赤嶺政賢衆院議員(共産)、福島瑞穂参院議員(社民)らも参加した。(以上(沖縄タイムス2016年9月21日19:34)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/63172

 沖縄を掻き回す左巻き連中が集まったそうだが、環境・人権と称して沖縄県民の人権を蹂躙している輩に何が分かるのか?
 若者と言うが元SEALDs(共産党民青)なのだから、日本を破滅させて中国共産党の傘下に置き、ウイグルや内モンゴル自治区のように、それこそ人権蹂躙を達成しようとしている輩が集まっただけだ。沖縄のヘリパッド工事にしても、こいつ等が邪魔をすることで地元住民の生活も犠牲になっているのだ。まして、「代替案はないが辺野古は反対」とほざいた「何でも反対党」の福島瑞穂まで参加しているのだから、日本を滅茶苦茶にしたいやからの集合体と言っても過言ではない。しかし、偏向新聞・沖縄タイムスとしてはこのような運動が大好きなのだ。
 ヘリパッドが完成すれば、北部演習場の半分が返還されることを邪魔している輩に正義などない。(No.4947)

|

« 結局は責任取らぬ公務員 | トップページ | 共産党中国のためなど言わぬ »

共産党」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64238991

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄を県外者が掻き回す:

« 結局は責任取らぬ公務員 | トップページ | 共産党中国のためなど言わぬ »