« 東大の糞にもならぬ地震研 | トップページ | 運搬に自称市民が邪魔をする »

二重国籍が疑惑から真実へ

蓮舫代表代行「台湾籍残っていた」
 民進党の蓮舫代表代行は13日午前、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」疑惑について「17歳で放棄したと認識していた台湾籍が残っていた」と明らかにした。12日夕方に台湾当局から連絡があったという。国会内で記者団の質問に答えた。
 蓮舫氏はこれまで、17歳だった昭和60年1月に日本国籍を取得するとともに、台北駐日経済文化代表処(東京都港区)で台湾人の父を伴い、台湾籍放棄の手続きをしたと説明した。
 しかし、今月6日に「なお確認が取れていない」として、関係者が同代表処に除籍されているかどうかを照会するとともに、台湾籍を放棄する書類を提出していた。(以上(産経ニュース2016.9.13 10:46)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130009-n1.html

 民進党代表候補蓮舫は、台湾籍が残っており日本籍との二重国籍だと言うことがハッキリした。
 台湾当局としても、民進党と心中して台湾のイメージダウンを避けるために、民進党代表選の前に連絡したのだろう。しかし、現在でも蓮舫は二重国籍であると言う事実に間違いはない。それでも、民進党が蓮舫を代表とするならば、民進党など日本には不要な正当だと自ら示すに等しいことだ。
 例え、今から蓮舫が台湾籍を放棄しても、二重国籍は変わらないのだから、国会議員としての出処進退を明らかにするべきだ。(No.4938-2)

|

« 東大の糞にもならぬ地震研 | トップページ | 運搬に自称市民が邪魔をする »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64197790

この記事へのトラックバック一覧です: 二重国籍が疑惑から真実へ:

« 東大の糞にもならぬ地震研 | トップページ | 運搬に自称市民が邪魔をする »