« 基地返還無いと復興などできぬ | トップページ | 五輪から森を追い出せ小池知事 »

薬物犯鑑定留置している愚

相模原刺殺、植松容疑者の鑑定留置を検討
 神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で19人が刺殺され、26人が重軽傷を負った事件で、殺人容疑などで送検された植松聖さとし容疑者(26)について、横浜地検が精神鑑定を行うため、鑑定留置する方向で検討していることが捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、植松容疑者が「障害者はいなくなればいい」など異常な発言を繰り返していることや、事件の重大性を踏まえ、刑事責任能力の有無の見極めを含めて捜査を尽くす必要があると判断した。ただ、被害者が多数に及ぶことなどから、まずは事実関係を把握する捜査を進め、その後、鑑定留置を実施する方針だ。(以上(読売新聞2016年08月05日06時54分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160804-OYT1T50198.html

 相模原市の刺殺事件で、容疑者の鑑定留置を検討している。
 今の精神鑑定の制度には、大きな落ち度があると思う。それは、本当の精神疾患と薬物を使った精神疾患を同等に扱って、心神喪失、心神耗弱という判定をしていることだ。前者に対してならばこの制度の意義も分かるが、自分の意思で薬物を使った輩にも同じ扱いをすること自体おかしいと考える。薬物を使った容疑者に対しては、どのような精神状態であろうとも、心神喪失、心神耗弱という刑の減刑をするべきではない。
 薬物使用については、どのような犯罪を犯そうとも増刑をして、最低でも無期懲役、殺人を犯せば漏れなく死刑にするべきだ。(No.4898)

|

« 基地返還無いと復興などできぬ | トップページ | 五輪から森を追い出せ小池知事 »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64014552

この記事へのトラックバック一覧です: 薬物犯鑑定留置している愚:

« 基地返還無いと復興などできぬ | トップページ | 五輪から森を追い出せ小池知事 »