« 菅(カン)よりはマシな海保と外務省 | トップページ | JAがあるから農業が立ち行かぬ »

SEALDsをまだ持ち上げている朝日

SEALDs最後の会見 「これで終わりじゃない」
 安全保障関連法や憲法改正に反対してきた学生団体「SEALDs(シールズ)」が16日、東京都内で最後の記者会見を開いた。15日の解散を受けて、約25人のメンバーが活動を振り返った。
 中心メンバーの奥田愛基(あき)さん(24)は「若い人がイエス、ノーを言うのがこんなにもつらく、大変なのかと思った」と活動の苦しさを語った。
 筑波大学4年の本間信和さん(21)は今夏の参院選で、野党4党の統一候補の応援演説で各地を回った。「若い世代が声を上げるのは勇気がいる。バッシングも受けたが、受け止めてくれる大人がいたからできた」。会見の中継をネットで見ている視聴者にはこう呼びかけた。「10代や20代、30代の人たち。何かの機会があれば一緒にやろう」
 明治大学院生の千葉泰真さん(25)は「すべてを出し切り、すっからかん。だから悲壮感も後悔もない」。新しいデモや活動の形を作れたとしつつ、「最先端に2年も3年もいることはダサい。(別の誰かに)アップデートされた最先端の運動が出てきてほしい」。今後については「また勉強して自分の武器を作り、社会に問い続けたい」と話した。
 中には「みんなで活動していきたかったので、本当は解散したくない」との思いを打ち明ける女性も。ただ、多くのメンバーが「これで終わりじゃない」と口をそろえた。「また路上や駅前で活動していく」「孤独に思考していく」。今後もそれぞれができることをしていく決意を語った。(佐藤恵子)(以上(朝日デジタル2016年8月16日11時40分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ8J36PNJ8JUTIL00P.html

 共産党民青の別名SEALDsが解散したが、最後まで偏向新聞・朝日新聞は持ち上げた。
 ISを「イスラム国」と言って憚らない朝日新聞だから、同じ論理で共産党民青を「SEALDs」と言って持ち上げていたに過ぎない。それをあたかもまともな若者の意見のような報道は、吉田証言による「慰安婦」の捏造以来の朝日新聞の伝統と言っても過言ではない。単に、中国と南朝鮮の手下である朝日新聞としては「安保法改正」が中国、南朝鮮に都合が悪いから、その成立阻止のためにSEALDsを利用し続けたと言っても過言ではない。また、憲法改正にしても同じ論理で、日本の国益よりも、中国、南朝鮮の国益に利さないから反対しているのだ。逆に、中国、南朝鮮が嫌がることをすることが日本の国益に繋がると朝日新聞に教えて貰った。
 SEALDsは解散したが、政治団体でもないのに寄付を募って政治活動をやって来たのだから、これから、法的な措置が行われなければならない。(No.4909-2)

|

« 菅(カン)よりはマシな海保と外務省 | トップページ | JAがあるから農業が立ち行かぬ »

共産党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64068057

この記事へのトラックバック一覧です: SEALDsをまだ持ち上げている朝日:

« 菅(カン)よりはマシな海保と外務省 | トップページ | JAがあるから農業が立ち行かぬ »