« 普天間も世論誘導する朝日 | トップページ | 現実の直視をしないから言える »

共産と同じ翁長の「民主主義」

翁長知事「民主主義に禍根残す」 辺野古・違法確認訴訟が結審
 名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認取り消し処分を取り下げないのは違法として、石井啓一国土交通相が翁長雄志知事を相手に起こした違法確認訴訟の第2回口頭弁論が19日、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)であった。翁長知事は本人尋問で「国側の提訴は、地方自治の軽視」と批判。「民主主義に大きな禍根を残す」と訴えた。
 訴訟は同日で結審し、判決は来月16日に言い渡される。取り消し処分をめぐって、初めての司法判断が下される。敗訴した側は上告するとみられ、早ければ年度内にも最高裁で最終的な結論が出る見通しだ。国と県は確定判決に従うことを確認している。
 県側の主尋問では、竹下勇夫弁護士が3月の代執行訴訟の和解から、国の違法確認訴訟提訴までの経緯を質問。翁長知事は「和解条項などに従い、辺野古問題は協議で解決するべきだ。国には話し合いの姿勢が欠けている」と批判した。
 国側代理人は反対尋問で「国と県は和解後、協議を開いてきたのでは」と質問。翁長知事は「協議はあったが、辺野古問題を話し合う充実したものではなかった」と答えた。また「最高裁で行政行為が違法との判断が確定すれば、従うのか」との国側の質問に、知事は「従って処分を取り消す。行政長として当然だ」と答えた。
 多見谷裁判長は、県側が答弁書を提出する前に争点整理案を提示したことについて「当事者の返答の助けになればと考え、議論のたたき台として出した。答弁書提出後に、すぐに県の主張を確認した」と釈明した。
 弁論後に会見した翁長知事は「県の対応に違法性はない。短期間の結審は残念だが、公正な判断を示してほしい」と裁判所に求めた。同支部前の城岳公園では事前集会が開かれ、支援する市民らが知事を激励した。(以上(沖縄タイムス2016年8月20日09:37)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/58342

 辺野古移転に伴う埋め立て承認取り消し訴訟で、翁長雄志が「民主主義に大きな禍根を残す」とほざいた。
 偏向新聞・沖縄タイムスは、書き出しから「名護市辺野古の新基地建設」と嘘を堂々と書いている。事実は、「普天間基地の移設」だが、この一部を見ただけでも、沖縄タイムスは日本を貶めるための新聞社だと言うことが分かる。翁長雄志は国との和解協議を「国には話し合いの姿勢が欠けている」とほざいたが、話し合いをする気もなくズルズルと中国様のために辺野古移設を遅らせようとしているだけの自分の態度は棚に上げた、まるで民進党と一緒だ。また、翁長雄志は「協議はあったが、辺野古問題を話し合う充実したものではなかった」ともほざいている。辺野古問題とほざいているが、辺野古で移転反対しているのは、共産党に雇われた自称市民で在日朝鮮人、中国人が混ざっていることは、ヘリバッド移設反対の親分が「朴」だというのだから、同じ構図だろう。中国共産党から共産党に回った金で日当を支払って雇っている自称市民に過ぎない。ある新聞記事によれば、辺野古で反対している地元民は数人で、成田空港闘争と同じ構図になっているようだ。どうせ、高裁判決が出ても、翁長雄志は中国のためにあくまでも辺野古移設をさせない気だから、サッサと最高裁判決を出して貰えば良いのだ。
 翁長雄志の「民主主義」とは、共産党が便宜上使っている「民主主義」と一緒だ。(No.4913-2)

|

« 普天間も世論誘導する朝日 | トップページ | 現実の直視をしないから言える »

中国」カテゴリの記事

共産党」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64085805

この記事へのトラックバック一覧です: 共産と同じ翁長の「民主主義」:

« 普天間も世論誘導する朝日 | トップページ | 現実の直視をしないから言える »