« 脱原発やっとテントを排除され | トップページ | 舛添でなくて良かったリオ五輪 »

事件後も営業してたのが疑問

痴漢続発だったサマーランド、警察要請した入場制限せず
 東京都あきる野市のテーマパーク「東京サマーランド」のプールで21日、女性客らが切りつけられた事件で、警視庁が事件前、波が出る時間帯の現場のプールへの入場制限を実施するよう、サマーランドに申し入れていたことが捜査関係者への取材で分かった。痴漢被害を防ぐために混雑を減らす目的だったが、事前の対応はなかったという。
 女性客が切りつけられたのは、「コバルトビーチ」と呼ばれる屋内プールで、1時間おきに人工的な波が出る約3分間のタイミングだった。これまでも、波が出る間にプール内での痴漢被害が相次いでいたため、福生署はシーズン前、この時間帯の入場制限を要請していたという。
 しかし、サマーランド側は警備員の増員や防犯カメラの設置などの対応のみで、入場者の人数制限は行っていなかった。21日の入園者数は約1万4千人で、今年4番目に多かった。事件当時、波が出る時間帯のプール内は満員電車のような人混みだったという。
 署によると、被害は21日午後1時と同2時の波で発生。18~24歳の女性客8人が水着の上から尻などを切られた。同日夜には別の女性(23)も背中を切られていたことがわかり、被害者は計9人になった。いずれも軽傷で、カミソリのような鋭利なもので襲われた可能性が高いという。
 サマーランドは22日も営業する予定だったが、台風の影響で休園した。署は、プールやゴミの捜索を実施し、付近の防犯カメラ映像についても詳しく調べる。(以上(朝日デジタル2016年8月22日11時31分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Q34TSJ8QUTIL017.html

 東京サマーランドで発生した傷害事件で、朝日新聞は警察要請の入場制限をしなかったと報じているが、それより、事件が起こっても通常営業を続けた方が問題だ。
 「東京サマーランド」の経営母体は、「東京都競馬株式会社」であり、儲かれば良いという発想だったのだろう。入場制限もそうだが、それ以上に、事件が起こっても通常営業を続けて、出口でチェックしただけというお粗末な捜査状況だ。今日も営業する予定だったが、台風の影響で休園したから、良いようなものだが、警察の捜査よりも営業を優先する東京サマーランドの経営方針に大きな問題があるし、警察もそこまで踏み込んで捜査をして欲しい。と言うよりも、東京サマーランドの経営実態から捜査しなければならない問題だと考える。(No.4915-2)

|

« 脱原発やっとテントを排除され | トップページ | 舛添でなくて良かったリオ五輪 »

「スポーツ」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64095603

この記事へのトラックバック一覧です: 事件後も営業してたのが疑問:

« 脱原発やっとテントを排除され | トップページ | 舛添でなくて良かったリオ五輪 »