« JAがあるから農業が立ち行かぬ | トップページ | 都議会の闇を暴いた都知事選 »

賠償金なら賠償金で良いじゃない

韓国外務省、10億円は「謝罪裏付ける措置」 「賠償金でない」日本との摩擦避ける
 韓国外務省報道官は16日、慰安婦問題で日本が韓国側に近く拠出する10億円について、岸田文雄外相が昨年12月の日韓合意の際に表明した「『日本政府の責任や謝罪、反省』を実質的に裏付ける履行措置だ」と述べた。
 定例記者会見での発言。韓国メディアは「賠償金と理解していいのか」と尋ねたが、報道官は直接答えなかった。
 日韓外相が電話会談で10億円の早期拠出を確認した12日、元慰安婦らへの支援事業を行う「和解・癒やし財団」の金兌玄理事長は共同通信に「事実上の賠償の性格を感じている」と発言。韓国政府当局もこれまで自国メディアに賠償の性格を持つと説明してきた。
 日本は「賠償ではない」との立場。16日の報道官の発言は、日本との摩擦を避けるため解釈の違いをあいまいにしたい思惑とみられる(以上(産経ニュース2016.8.16 22:51)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/160816/wor1608160045-n1.html

 南朝鮮のマスゴミが、10億円をどうしても「賠償金」と言わせたいらしい。
 南朝鮮のマスゴミは、日本が「賠償金」という表現に拘っているのは日本のメンツだと勘違いしているだろうが、日本が賠償金を支払えば、日本は南朝鮮に無償譲渡した日本資産の返却を求められるということを知らないのだ。バカには「賠償金」と言えばどうなるか分からないのだから、日本は賠償金として認めた上で、日本が放棄した資産を全額今の価値に換算して南朝鮮に返還を求めれば、南朝鮮のバカでも意味が分かるだろう。
 日本は「賠償金」と認めた上で、日韓基本条約を破棄して、放棄した南朝鮮の日本資産を南朝鮮に請求すれば良いのだ。そうしたらバカでも分かるだろう。(No.4910)

|

« JAがあるから農業が立ち行かぬ | トップページ | 都議会の闇を暴いた都知事選 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64071549

この記事へのトラックバック一覧です: 賠償金なら賠償金で良いじゃない:

« JAがあるから農業が立ち行かぬ | トップページ | 都議会の闇を暴いた都知事選 »