« 何ても反対は沖縄と左翼だけ | トップページ | 自民党だからと当選などはない »

タバコ税厚労省が決めている

22の病気、たばこ原因…がん・脳卒中・糖尿病
 厚生労働省の有識者検討会(座長=祖父江友孝・大阪大学教授)は、がんなど22種類の病気の発症や病気による死亡の要因として喫煙が「確実」との判定結果をまとめた。
 他人のたばこの煙を吸う受動喫煙でも7種類の病気で因果関係があるのは確実とした。国の検討会が日本人への影響を総合的に判定したのは初。31日に最新情報と対策を盛り込んだ報告書(たばこ白書)案を公表する。
 厚労省は報告書案を踏まえ、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けたたばこ対策を推進したい考え。
 報告書案では、国内外の喫煙と健康に関する論文約1600件を分析。喫煙との関係の度合いを病気ごとに4段階で判定した。肺や膵臓すいぞうなど10種のがんのほか、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などと喫煙の関係について、最高の「推定する証拠が十分(確実)」と評価した。(以上(読売新聞2016年08月31日07時22分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160830-OYT1T50141.html

 タバコ税の税率を計算している厚労省が、タバコ原因の病気を発表した。
 それならば、日本国内でタバコの販売を禁止すれば済む話だ。何と言っても、タバコ税の増税の時には、厚労省が計算して、タバコを止める人がいてもタバコ税は増税できる税率をはじき出しているのだから、この様なことを健康のためと称して出すことは、自己矛盾していないだろうか?
タバコが悪いのならば厚労省が率先して、タバコ禁止にすれば良いことだ。受動喫煙というのならば、吸う場所をタバコ税で設置すれば良いのだ。(No.4925-3)

|

« 何ても反対は沖縄と左翼だけ | トップページ | 自民党だからと当選などはない »

健康」カテゴリの記事

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64136162

この記事へのトラックバック一覧です: タバコ税厚労省が決めている:

« 何ても反対は沖縄と左翼だけ | トップページ | 自民党だからと当選などはない »