« 逮捕しないから権利だとほざく | トップページ | 事件後も営業してたのが疑問 »

脱原発やっとテントを排除され

脱原発テント、ようやく撤去 違法設置1800日余…確定判決後も市民団体側が立ち退き応じず
 東京・霞が関の経済産業省敷地内に脱原発を訴えている市民団体が違法にテントを設置してきた問題で、国が確定判決に基づく強制執行を申し立て、21日に東京地裁の執行官がテントを撤去した。国が立ち退きを求めた訴訟で市民団体側の敗訴が今年7月に確定して以降も、自主的に撤去しなかったための措置。テント設置から1800日余りを経て、国有地が正常な状態に戻る。
 強制執行は21日午前3時半過ぎから始まり、東京地裁の執行官が「これから執行します。私物を持って出てください」と呼びかけた。テント内の市民団体関係者を外に出し、複数のテントを次々解体。また、混乱を避けるため、周辺には民間警備会社の警備員が配置された。開始から約1時間半で強制執行に基づく撤去は完了。その後は経産省側が敷地の境界にフェンスを設置した。
 一方、テントで過ごしていた数人と市民団体関係者とみられる人物が合流。周辺で作業を見ながら、拡声器を使って反原発を訴えたり、警備員や警察官に罵声を浴びせたりする場面もみられた。
 市民団体は東日本大震災発生から半年たった平成23年9月11日から、「反原発運動のため」などと称して、経産省敷地内に無許可でテントを設置。国が立ち退きなどを求め提訴し、1審東京地裁は設置の違法性を認めて「意見表明の手段はほかにもある」として、市民団体側に立ち退きと過去の土地使用料約1100万円の支払いに加え、実際に立ち退くまで1日当たり約2万1千円の制裁金支払い(間接強制)も命じた。(以上(産経ニュース2016.8.21 08:27)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/160821/afr1608210002-n1.html

 脱原発テントが、強制執行によってやっと経産省敷地内から撤去された。
 余りに遅すぎる対応としか思えない。「脱原発派」というのはバカの塊だ。政治屋でも福島瑞穂がほざいているが、現実を考えていないかつ代替案を持たずに「何でも反対」の社民党の党是と同じなのだ。
 脱原発派の頭のおかしい所は、原発が停止していれば安全だと考えている科学的知識も欠如している点だ。原発が停止していようが、原子炉内に燃料棒が入っている限り、全電源喪失になった場合、稼働している時よりもメルトダウンまでの時間が長いだけだ。さらに、再稼働を目指して改修の進んでいる原発は、福島第1原発菅災の教訓を生かした安全対策が取られているからまだ安全だ。一番危険なのは、「廃炉」にするとして何も安全対策の改修もやられていない原発だ。要するに、福島第1原発3、4号炉と同じ状態で放置されているのだ。それも分からないバカが反原発と称して暴れているのだから、日本の民主主義もおかしい方向に誘導されている。
 さらに言えば、日本の原発よりも安全対策の疎かな中国、南朝鮮の原発に対しては何一つとして言及していないのだ。要するに、「脱原発派」は日本の電気代を高くして、日本を貶めて、中国、南朝鮮に利するような利権を持っている輩がやっているのだ。
 国は、脱原発テントの撤去だけでなく、4千万円近い制裁金をちゃんと自称市民団体から徴収して、国民負担にならないようにして欲しい。(No.4915)

|

« 逮捕しないから権利だとほざく | トップページ | 事件後も営業してたのが疑問 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64094439

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発やっとテントを排除され:

« 逮捕しないから権利だとほざく | トップページ | 事件後も営業してたのが疑問 »