« 代表選民進党の好きにしろ | トップページ | 民進に理解示すなど愚策 »

使途よりも慰安婦像の撤去から

10億円使途めぐり調整へ=日韓局長、元慰安婦支援で
 【ソウル時事】日韓両政府の外務省局長級協議が9日、ソウルで行われる。昨年末の両国合意に基づき、元慰安婦を支援する韓国の「和解・癒やし財団」が7月に発足したことを受け、財団の事業内容や日本が拠出する10億円の使途などについて調整を進める。
 局長級協議は5月に東京で開催されて以来で、日本の金杉憲治アジア大洋州局長と韓国の鄭炳元東北アジア局長が出席。10億円の使途をめぐり、韓国側が元慰安婦の要望に基づき現金支給を検討しているのに対し、日本側は「賠償金」と受け取られないよう、医療・福祉支援などの形態とするよう主張しており、妥協点を見いだせるかが焦点だ。(以上(時事ドットコム2016/08/09-05:01)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016080900068&g=pol

【噴水台】慰安婦少女像と安倍首相の錯覚
『安倍政権が少女像の拡散を願わないのなら方法はただ一つ。「もういい」という声が出るまで謝罪を繰り返すことだ。そうでなければ3件の海外の少女像はあっという間に数十件に増え、日本の顔に墨を塗ることになるだろう。今日、ソウルで韓日外交当局局長級会議が開かれる。この席でこのような共感があることを願う。』(以上(2016年08月09日07時40分[(C)中央日報/中央日報日本語版])より部分引用)
http://japanese.joins.com/article/190/219190.html

 能天気な外務省は、南朝鮮と10億円の使途を話しに行くそうだが、中央日報では、安倍総理が南朝鮮が「もういい」というまでの謝罪を求めている。
 こんな南朝鮮と協議をするために、税金を使って外務省が南朝鮮に出向くことなど無駄だ。電話一本で、「カネは慰安婦像撤去後に使途を決める」だけで十分だ。「賠償金」とかという名目では無いのだ。南朝鮮は日本に対してさらなる謝罪を繰り返せとほざいているのだから、まともな話し合いなど無理だ。
 外務省は、南朝鮮が慰安婦像を撤去するまで、南朝鮮を無視し続けるべきだ。(No.4902)

|

« 代表選民進党の好きにしろ | トップページ | 民進に理解示すなど愚策 »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64033094

この記事へのトラックバック一覧です: 使途よりも慰安婦像の撤去から:

« 代表選民進党の好きにしろ | トップページ | 民進に理解示すなど愚策 »