« 石破など総理になれば世は終わり | トップページ | 韓国で注目される猫ひろし »

新聞と自称市民にある悪意

<米軍ヘリパッド>沖縄防衛局が有刺鉄線 市民反発「悪意むき出し」
 沖縄防衛局は27日、東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設予定地N1地区の裏側出入り口(通称N1裏)で新たなフェンスを設置し、2重にした。さらに有刺鉄線も縦横に張り巡らした。近くのテントから市民の進入を阻止するためとみられるが、市民から「悪意むき出しだ」との声も上がった。
 この日は砂利を積んだダンプ10台がN1地区に入った。市民は県道70号に車を並べるなどして抵抗。3時間近く足止めさせたが、最後は機動隊に排除された。
 今帰仁村出身で、沖縄県外の友人ら10人を案内した高知大3年の女性(21)は、強制排除に悔し涙を流した。「これをバネに高知の人にもっと呼び掛け、沖縄への誤解や偏見を解かしていきたい」と語った。(以上(沖縄タイムス2016年8月28日10:29)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/59465

 米軍ヘリパッド建設予定地に沖縄防衛局がフェンスを設置し有刺鉄線も張り巡らせたことが、偏向新聞・沖縄タイムスには気に入らなかったようだ。
 そもそも、ヘリパッド建設反対をやっているのは、在日朝鮮人の朴を筆頭に自称市民であって地元住民ではない。しかし、偏向新聞・沖縄タイムスとしてはそのような輩がほざいた「悪意むき出しだ」という言い掛かりをそのまま掲載して、あたかも沖縄防衛局が悪いと思わせる記事を堂々と掲載しているのだ。機動隊まで投入しながら、沖縄県警が腰抜けだから、こいつら自称市民を逮捕拘束もしないから、道路のまん中に車を止めて工事車両の通行の邪魔をしたり、あらゆる手段を使って邪魔し続けるのだ。逮捕拘束して、身元が分かれば、どれだけ自称市民に政治活動を禁止された在日朝鮮人が混ざっているかハッキリするのだ。また、今回は自称高知大生の話を載せているが、こいつも地元ではないのだ。
 偏向新聞・沖縄タイムスと琉球新報を廃刊に追い込まない限り、沖縄は中国領になってしまう。(No.4923-2)

|

« 石破など総理になれば世は終わり | トップページ | 韓国で注目される猫ひろし »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64126952

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞と自称市民にある悪意:

« 石破など総理になれば世は終わり | トップページ | 韓国で注目される猫ひろし »