« ワンセグでNHKが負けている | トップページ | 当然のことでも騒ぐ売国紙 »

独法のお遊びで減っていく年金

年金運用のGPIF、4~6月は5.2兆円の損失 26年10月以降の通算で初の赤字
 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は26日、平成28年4~6月期の運用実績が5兆2342億円の赤字だったと発表した。26年10月に株式の運用割合を50%に引き上げてからの通算で初めての赤字になった。英国の欧州連合(EU)離脱を受けた円高や世界的な株安などが響き、損失が膨らんだ。
 運用損は国内株式が2兆2574億円、外国株式が2兆4107億円で、株式だけで4兆6681億円だった。外国債券が1兆5193億円の赤字。一方、国内債券は金利低下による国債価格の上昇で、9383億円を稼いだ。
 GPIFは運用割合見直しで、国内債券を60%から35%に引き下げ、国内株式と海外株式をそれぞれ12%から25%に増やした。6月末時点の保有資産の割合は▽国内債券39.16%▽外国債券12.95%▽国内株式21.06%▽外国株式21.31%-だった。(以上(産経ニュース2016.8.26 17:14)より引用)
http://www.sankei.com/economy/news/160826/ecn1608260037-n1.html

 株相場に無知無能のGPIFが5.2兆円の損失をたった3カ月で出したそうだ。
 そもそも、GPIFには株相場のスペシャリストなどいないのに、証券会社に丸投げして年金基金を株で運用しているのだから、この様なことになるのは分かり切っていたことだ。年金基金を株運用するのであれば、公務員の共済年金や議員年金から始めて、儲かったら、国民年金、厚生年金基金に手を付ければ良かったのだ。世界でも、年金基金は債権など安全な投資で運用しており、年金基金を株で運用するという博打をやっているのは日本ぐらいだ。まるで、独法のGPIFを養うために年金基金を減らしているのと同義だ。前回の損失の時には、損をする時もあれば儲かる時もあると誤魔化したのだから、厚生労働省の責任も問うべきだ。
 そもそも証券会社に丸投げするだけのために独法が要るのか?これらの損失は全てGPIF全職員と厚労省全職員によって弁済するべきだ。(No.4921)

|

« ワンセグでNHKが負けている | トップページ | 当然のことでも騒ぐ売国紙 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

年金」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

独立行政法人」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64116282

この記事へのトラックバック一覧です: 独法のお遊びで減っていく年金:

« ワンセグでNHKが負けている | トップページ | 当然のことでも騒ぐ売国紙 »