« 逮捕せぬからいくらでも邪魔をする | トップページ | 必要な予算は削ってないけれど »

10億の次はスワップねだり出す

日韓、通貨スワップ協定復活へ議論 韓国側から提案受け
 日本と韓国の財務当局は27日、通貨下落などの緊急時にドルなどを融通し合う「通貨スワップ協定」の再締結に向け議論を始めることで合意した。日韓関係の悪化を受け、協定は2015年2月に打ち切りになっていた。協定が復活すれば、両国の関係改善を表すことになる。
 麻生太郎副総理兼財務相と柳一鎬(ユイルホ)・副首相兼企画財政相が27日、ソウル市内で会談して合意した。協定の締結は、韓国側が「両国間の経済協力を強化する」として提案し、「地域金融市場の安定を高める」として日本側も議論開始を受け入れた。柳氏は会談後、締結までの期間について「一般的に数カ月かかる」と記者団に話し、近く実務者レベルの協議を始めることを明らかにした。
 通貨協定は、国際的に流通が少ない通貨が暴落した場合などに、ドルなどを融通して支援するしくみだ。日韓両国は1997年のアジア通貨危機をきっかけに01年から協定を始め、最も多いときで日本が700億ドルを韓国に対して融通することになっていた。(ソウル=鬼原民幸、東岡徹)(以上(朝日デジタル2016年8月27日21時27分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ8W62GTJ8WULFA001.html

 宗主国・中国に嫌われた南朝鮮が、日本に対してスワップを提案してきた。
 この程度で、これまでのスワップにおける南朝鮮の反日発言を許して良いのだろうか?相互スワップと言えば聞こえが良いが、日本経済が破綻して南朝鮮にスワップを依頼しても、その時には間違いなく南朝鮮は経済破綻して外貨など一銭も持っていない状態だろうということは、誰が考えても分かることだ。宗主国・中国様がスワップで南朝鮮に対して人民元を恵んで下さるのだから、それで南朝鮮は満足するべきだ。南朝鮮は旧ニセ維新の江田憲司のような股座膏薬を日中でやって来たのだから、朴槿恵の糞ババアの股が裂けても自業自得なのだ。さらに、南朝鮮との関係改善を求めているのは在日朝鮮人ぐらいだろう。企業にしても、南朝鮮で言い掛かりを付けられて多大な賠償金を取られるのだから、南朝鮮で商売するのはイオンぐらいにさせておけば良いのだ。柳一鎬のバカは、締結までに「一般的に数カ月かかる」とほざいたそうだが、これは一般論であって、数十年掛けてじっくり日本が検討する時間を取れば良いのだ。中国のことわざに「遠交近攻」という言葉がある通り、南朝鮮に対してはことごとく「いけず」をかましてやれば良いのだ。
 日本は、朴槿恵の糞ババアがメディアの前で土下座をしても南朝鮮とのスワップ協定は結んではならない。(No.4922)

|

« 逮捕せぬからいくらでも邪魔をする | トップページ | 必要な予算は削ってないけれど »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64120995

この記事へのトラックバック一覧です: 10億の次はスワップねだり出す:

« 逮捕せぬからいくらでも邪魔をする | トップページ | 必要な予算は削ってないけれど »