« 韓国で注目される猫ひろし | トップページ | 手続きをしても沖縄タイムスは »

SEALDsのような琉球新報社

<社説>北朝鮮ミサイル どの国も軍備増強進めるな
 北朝鮮が24日に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。これに先立ち計3回の弾道ミサイルも発射しており、国連安全保障理事会は強く非難する報道声明を発表した。北朝鮮の核開発を禁じたこれまでの安保理決議に対する重大な違反行為だとしている。
 東アジアの軍事的な緊張を高める動きは断じて容認できない。北朝鮮に自制を求めたい。
 北朝鮮はこれまで、陸上発射型の弾道ミサイルの射程を延ばしながら配備を進めてきた。日本のほぼ全土を射程に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」や、米領グアムが標的とされる新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」などがある。6月には、ムスダンの発射に一定程度成功している。
 今回発射したSLBMは潜水艦から発射されるので、陸上発射型に比べて事前に発射を予測するのが難しい。発射台が海の中に隠れた潜水艦だからだ。
 北朝鮮がSLBMの開発に力を注ぐのは、7月に米韓が米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を発表したことと無縁ではない。
 THAADが配備されれば、陸上からの発射は探知され、撃ち落とされてしまう。北朝鮮が築き上げてきた中距離弾道ミサイルの威力が低下し、米国に対するカードとしての機能が低下する。SLBMならTHAADのレーダーに探知されずに攻撃が可能となり、対抗手段となり得る。
 北朝鮮だけでなく、米韓などを含む隣国同士による軍備増強を繰り返した結果がこうした状況をつくり出している。
 北朝鮮が現時点で、SLBMなどのミサイルに搭載するための核兵器の小型化に成功しているかは不明だ。さらに北朝鮮が所有している潜水艦でSLBMを搭載できるのは、旧ソ連のディーゼル潜水艦を分解して得た技術で建造したとされる1隻だけだ。さらに静粛性で劣り、海上自衛隊関係者から「鐘を打ち鳴らしながら潜っている」と揶揄(やゆ)されるほど、探知されやすい。
 これに対して米国は核ミサイル搭載の戦略ミサイル原潜を十数隻も運用している。米国こそSLBMの先駆者であり、親玉だ。北朝鮮だけを非難するのは筋違いだろう。どの国でもあっても、東アジアの緊張を高める軍備増強を進めることは許されない。(以上(琉球新報2016年8月28日06:01)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-345749.html

 売国新聞・琉球新報が社説で、北朝鮮の暴走に対して軍拡をするな、北朝鮮に自制を求めるべきだとSEALDsのような社説を載せた。
 まるで、北朝鮮礼賛の社説=中国礼賛と言っても過言ではない社説だ。それならば、琉球新報が北朝鮮に行って、自制を促せば良いのだ。沖縄くんだりで何をほざいているのか危機意識の欠如した売国新聞ならではの社説だ。まるで、琉球新報の論理で言うと、米韓演習やTHAADの配備が悪いという言い方、すなわちアメリカと関わるなと言う論理であり、沖縄を中国に売ろうとする琉球新報の方針と一致する。
 日本にはあってはならない売国新聞の一社が琉球新報であることには変わりない。新聞社を取り締まる法律を作るべきだ。沖縄が中国に盗られてからでは遅い。(No.4924)

|

« 韓国で注目される猫ひろし | トップページ | 手続きをしても沖縄タイムスは »

中国」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64127610

この記事へのトラックバック一覧です: SEALDsのような琉球新報社:

« 韓国で注目される猫ひろし | トップページ | 手続きをしても沖縄タイムスは »