« 靖国に閣僚全部行けば良い | トップページ | 国交断絶が唯一の対応ぞ »

基地よりも後から建てて被害者面

<沖国大米軍ヘリ墜落12年>普天間閉鎖、強く要求 学生らが語り継ぐ集い
 【宜野湾】沖縄国際大学に米軍CH53D大型輸送ヘリコプターが墜落した事故から13日で12年が経過した。同大は同日午後、墜落現場モニュメント前で「普天間基地の閉鎖を求め、平和の尊さを語りつぐ集い」を主催し、飛行場の即時閉鎖・撤去を訴えた。教職員や学生、地域住民ら約80人が参加した。集いの名称に「閉鎖」を盛り込むのは初めて。
 前津栄健学長は今年4月の米軍属女性暴行殺人事件に触れ、「米軍基地があるが故の危険性は周知の事実だ。普天間基地の撤去は県民の誰もが強く望んでいる」と述べた。
 学生を代表し名嘉一心さん(20)と城間愛里さん(21)があいさつ。名嘉さんは「ただ平和に、安心して生きていきたいという意思を表示しなくてはならない」と力を込めた。学生が事故の被害者や目撃者の証言を朗読するライブや写真展も催された。(以上(琉球新報2016年8月14日05:04)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/photo/entry-335618.html

 沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落して12年が経って、普天間を閉鎖しろとほざいたそうだ。
 しかし、偏差値42~44の沖縄国際大学は、昭和47年2月24日設立で、先に普天間基地が存在していたにもかかわらず、そこに大学を後から作ったということは、関係ないようだ。沖縄国際大学が、普天間基地の近くに建てなければ、済んだ話だ。後から来た癖に権利の主張だけは一人前だ。普天間基地は、辺野古沖に移転すれば、奇麗さっぱり無くなるのだが、それには反対、そのくせに普天間基地は閉鎖しろとは、これほど自分勝手な主張はないだろう。米軍軍属の女子暴行殺人事件にも触れて、米軍基地が危険だとしているが、米軍兵と朝鮮人の犯罪とどちらの性犯罪が多いのだろうか?
 普天間基地の移設を沖縄県知事が邪魔しているのだから、嫌ならば沖縄国際大学が移転すれば済む話だ。(No.4908-2)

|

« 靖国に閣僚全部行けば良い | トップページ | 国交断絶が唯一の対応ぞ »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/64062556

この記事へのトラックバック一覧です: 基地よりも後から建てて被害者面:

« 靖国に閣僚全部行けば良い | トップページ | 国交断絶が唯一の対応ぞ »